慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN10086101-20121215-0101  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN10086101-20121215-0101.pdf
Type :application/pdf Download
Size :931.8 KB
Last updated :Jan 18, 2013
Downloads : 875

Total downloads since Jan 18, 2013 : 875
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 論評ないし意見の表明による名誉毀損表現に関する日米の法理の分析 : 表現媒体による、「事実」と「意見」の識別判断の変動可能性についての考察を目的として  
カナ ロンピョウ ナイシ イケン ノ ヒョウメイ ニ ヨル メイヨ キソン ヒョウゲン ニ カンスル ニチベイ ノ ホウリ ノ ブンセキ : ヒョウゲン バイタイ ニ ヨル、「ジジツ」 ト 「イケン」 ノ シキベツ ハンダン ノ ヘンドウ カノウセイ ニ ツイテ ノ コウサツ オ モクテキ ト シテ  
ローマ字 Ronpyo naishi iken no hyomei ni yoru meiyo kison hyogen ni kansuru nichibei no hori no bunseki : hyogen baitai ni yoru, "jijitsu" to "iken" no shikibetsu handan no hendo kanosei ni tsuite no kosatsu o mokuteki to shite  
別タイトル
名前 An analysis of defamatory opinion in Japan and in United States with the aim of consideration to a possibility of changes in judgments of the distinction between "facts" and "opinions" by media  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 岡根, 好彦  
カナ オカネ, ヨシヒコ  
ローマ字 Okane, Yoshihiko  
所属 慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学大学院法学研究科  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ダイガクイン ホウガク ケンキュウカ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku daigakuin hogaku kenkyuka  
日付
出版年(from:yyyy) 2012  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 法學政治學論究 : 法律・政治・社会  
翻訳 Hogaku seijigaku ronkyu : Journal of law and political studies  
95  
 
2012  
12  
開始ページ 101  
終了ページ 134  
ISSN
0916278X  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録

 
目次
一 はじめに
二  論評ないし意見の表明による名誉毀損表現に対する日本での扱い
 (一) 「公正な論評」の法理の採用
 (二) 「ロス疑惑」事件報道に関する最高裁判決
  1 事実の概要
  2  「公正な論評」の法理に関する立場の継続と「相当の理由」の採用
  3 「事実」と「意見」の識別
 (三) 「裸の意見言明」
三  論評ないし意見の表明による名誉毀損表現に対するアメリカでの扱い
  (一) 意見特権論の登場
  1 Gertz v. Robert Welch Inc. 判決
  2 第二次リステイトメント五六六条
  3  Old Dominion Branch No. 496, National Association of Letter Carriers v. Austin 判決
 (二) Ollman v. Evans 連邦控訴裁判決
  1 事実の概要
  2 判旨
 (三) Milkovich v. Lorain Journal Co. 判決
  1 事実の概要
  2 判旨
  3 本判決の影響
四 分析と検討
 (一)  論評ないし意見の表明による名誉毀損表現に関する従来の法理の分析と比較
  1 日本
  2 アメリカ合衆国
   3 両国の比較
   (1) 類似点
   (2) 相違点
 (二) 表現媒体による、識別判断の変動可能性について
五 まとめ
 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jan 17, 2013 09:00:00  
作成日
Jan 17, 2013 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 法学研究科 / 法學政治學論究 / 95 (201212)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (617) 1st
2位 新自由主義に抗す... (454)
3位 実践的推論の合理... (450)
4位 統治の思想と実務... (351)
5位 Brain Tech guide... (328)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 なぜ日本ユニテリ... (845) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (828)
3位 独ソ不可侵条約と... (785)
4位 アセトアニリドの... (600)
5位 インフルエンサー... (393)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース