慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN10079809-20000930-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN10079809-20000930-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :820.8 KB
Last updated :Apr 27, 2007
Downloads : 6904

Total downloads since Apr 27, 2007 : 6904
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル パーソナリティと神経伝達物質の関係に関する研究 : Cloningerの理論における最近の研究傾向  
カナ パーソナリティ ト シンケイ デンタツ ブッシツ ノ カンケイ ニ カンスル ケンキュウ : Cloninger ノ リロン ニオケル サイキン ノ ケンキュウ ケイコウ  
ローマ字 Pasonariti to sinkei dentatsu busshitsu no kankei ni kansuru kenkyu : Cloninger no riron niokeru saikin no kenkyu keiko  
別タイトル
名前 The study of personality and genetic polymorphisms related to neurotransmitter : the trend of recent works based on Cloninger's model  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 木島, 伸彦  
カナ キジマ, ノブヒコ  
ローマ字 Kijima, Nobuhiko  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ヒヨシ キヨウ カンコウ イインカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku hiyoshi kiyo kanko iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2000  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾大学日吉紀要. 自然科学  
翻訳  
 
28  
2000  
9  
開始ページ 1  
終了ページ 10  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
602801  
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The biosocial model of Cloninger postulates that personality iscomprised of two broad domains:temperament, which is largely due to inheritedvariations in specific monoamine neurotransmitter systems;and character, whicharises from socioculturally learned differences in values, goals, and self-concepts.The model also proposes that temperament have three dimensions, novelty seek-ing, harm avoidance, and reward dependence, which are thought to be related todopamine, serotonin, and norepinephrine function, respectively. Two studies havedescribed significant associations between a dopamine D4 receptor(D4DR)exonIII polymorphism and novelty seeking[Benjamin et al.(1996):Nat Genet 1281-84;Ebstein et al.(1996):Nat Genet 12:78-80].This short report review thefollowing research and future directions to advance the field is discussed.
 
目次

 
キーワード
personality  

Cloninger  

temperament  

dopamine  

serotonin  

polymorphism  
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 22, 2024 21:15:54  
作成日
Apr 27, 2007 14:04:28  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 日吉紀要 / 自然科学 / 28 (2000)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (488) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (419)
3位 慶應義塾図書館史... (414)
4位 認知文法から考え... (395)
5位 M&Aにおける... (383)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (393) 1st
2位 新参ファンと古参... (321)
3位 日本における美容... (303)
4位 興味が引き起こさ... (252)
5位 新自由主義に抗す... (250)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース