慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN10032394-20091218-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN10032394-20091218-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.5 MB
Last updated :Apr 13, 2010
Downloads : 2115

Total downloads since Apr 13, 2010 : 2115
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル On the Lack of VP-ellipsis in Japanese and Its Ramifications in a Cross-linguistic Perspective  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前 日本語に於ける動詞句削除の欠如とその通言語的帰結について  
カナ ニホンゴ ニ オケル ドウシク サクジョ ノ ケツジョ ト ソノ ツウゲンゴテキ キケツ ニ ツイテ  
ローマ字 Nihongo ni okeru doshiku sakujo no ketsujo to sono tsugengoteki kiketsu ni tsuite  
著者
名前 星, 浩司  
カナ ホシ, コウジ  
ローマ字 Hoshi, Koji  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ヒヨシ キヨウ カンコウ イインカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku hiyoshi kiyo kanko iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2009  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾大学日吉紀要. 言語・文化・コミュニケーション  
翻訳 Language, culture and communication  
 
41  
2009  
 
開始ページ 1  
終了ページ 29  
ISSN
09117229  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
In this article, I will make a point that the lack of VP-ellipsis in Japanese, both genuine and in-disguise, can receive natural accounts on the assumption that the language in question employs overt [V-v] movement to T in narrow syntax (NS). I will also put the relevant fact in Japanese in a cross-linguistic perspective, arguing that (un)availability of VP-ellipsis in natural language is at least regulated by typology of verbal morphology permitted by UG among other factors. To the extent that the considerations in this article are on the right track, the following two theoretical implications can be drawn: (i) PF-deletion process of chain links (= Chain Reduction) is distinct from PF-deletion for VP-ellipsis, as claimed by Nunes (1999, 2004), contra Chomsky (1993); (ii) Overt movement of a verbal element should be located in NS rather than in the phonological component, as argued by Zwart (2001) and Matushansky (2006) inter alia, contra Chomsky (2001).
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 09, 2010 09:00:00  
作成日
Apr 09, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 日吉紀要 / 言語・文化・コミュニケーション / 41 (2009)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Japan's liv... (662) 1st
2位 人間疎外と実存思... (474)
3位 新自由主義に抗す... (436)
4位 宋元刊両唐書およ... (363)
5位 修学旅行とナショ... (347)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Die Umwandlung d... (2522) 1st
2位 刑法における因果... (595)
3位 中和滴定と酸塩基... (542)
4位 性犯罪者の釈放と... (525)
5位 姿勢維持における... (518)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース