慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234610-20160101-0037  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234610-20160101-0037.pdf
Type :application/pdf Download
Size :415.6 KB
Last updated :Oct 27, 2021
Downloads : 2939

Total downloads since Oct 27, 2021 : 2939
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 日米開戦前交渉過程のゲーム理論的考察  
カナ ニチベイ カイセンマエ コウショウ カテイ ノ ゲーム リロンテキ コウサツ  
ローマ字 Nichibei kaisenmae kosho katei no gemu rironteki kosatsu  
別タイトル
名前 A game theory approach to the bargaining process between Japan and the U.S. in the pre-war Period  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 塩澤, 修平  
カナ シオザワ, シュウヘイ  
ローマ字 Shiozawa, Shuhei  
所属 慶應義塾大学経済学部  
所属(翻訳) Faculty of economics, Keio University  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾経済学会  
カナ ケイオウ ギジュク ケイザイ ガッカイ  
ローマ字 Keio gijuku keizai gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田学会雑誌  
翻訳 Mita journal of economics  
108  
4  
2016  
1  
開始ページ 685(37)  
終了ページ 697(49)  
ISSN
00266760  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
10.14991/001.20160101-0037
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
日露戦争終結から日米開戦までの期間について, 日米間交渉過程をゲーム理論の概念を援用して考察する。アメリカの排日移民法やホーリィ=スムート法, あるいはワシントン軍縮会議の結果がナッシュ均衡ではないため脱退したことなどにより, 日本の選択肢が次第に狭められていったことを示す。とくに開戦に至る数年間の日本の政策を, 対米戦が不可避という想定の下でのミニマックス原理に基づくと捉え, 展開形ゲームとしての定式化を試みる。
We analyze the political and military bargaining between Japan and the U.S. from 1905 to 1941, using game theory concepts. We conclude that the outcome of the Washington Naval Limitation Meeting was not Nash equilibrium since Japan had an incentive to deviate. After the war in Europe began, the U.S. seemed to begin an anti-Germany war. The decision-making process in Japan during that period could be viewed as a mini-max principle. We formulate a three-period game corresponding to historical evidence. In this game, the loss of Japan is minimized when Japan declares war on the U.S. in the second period since the ratio of Japanese naval power to that of the U.S. was maximized in that period.
 
目次

 
キーワード
日米交渉  

排日移民法  

ワシントン軍縮条約  

ホーリィ=スムート法  

ミニマックス原理  
NDC
 
注記
小特集 : 海の視点からの経済学 : 学際的検討の試み
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 27, 2021 16:15:36  
作成日
Mar 30, 2016 14:40:24  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jan 6, 2017    Modified; Free Keywords, Abstract, Edition, Document File.
Oct 27, 2021    JaLCDOI を変更
 
インデックス
/ Public / 経済学部 / 三田学会雑誌 / 108 (2015) / 108(4) 201601
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (468) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (393)
3位 新自由主義に抗す... (379)
4位 ドイツのSNS対策... (376)
5位 攻撃衝動の体系的... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (805) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (632)
3位 ドイツのSNS対策... (595)
4位 なぜ日本ユニテリ... (594)
5位 アセトアニリドの... (448)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース