慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000124-0077  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000124-0077.pdf
Type :application/pdf Download
Size :727.6 KB
Last updated :Jul 2, 2012
Downloads : 3947

Total downloads since Jul 2, 2012 : 3947
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 「憐れみ」から「良心」へ : ルソー倫理学の転換点  
カナ 「アワレミ」 カラ 「リョウシン」 エ : ルソー リンリガク ノ テンカンテン  
ローマ字 "Awaremi" kara "ryoshin" e : Ruso rinrigaku no tenkanten  
別タイトル
名前 De "Pitié" à "Conscience" L'évolution de la Philosophie Morale de J.-J. Rousseau  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 佐藤, 真之  
カナ サトウ, マサユキ  
ローマ字 Sato, Masayuki  
所属 慶應義塾大学文学部非常勤講師(倫理学)  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2010  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
124  
2010  
3  
開始ページ 77  
終了ページ 107  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Ce texte tente d'examiner á nouveau le sentiment de "pitié", jusqu'ici considéré comme l'une des notions les plus importantes dans l'interprétation de la philosophie morale de Rousseau. En pratique, en se focalisant sur le changement de la de´finition de la "pitié" lors du parcours de l'approfondissement des pense´es de Rousseau, depuis le "Discours sur l'Origine et les Fondements de l'Inégalité parmi les Hommes" à "Émile ou De l'Éducation" (ou en clarifiant la définition de la "conscience", celleci apparaissant  à nouveau dans ses pensées pendant cette évolution), ce texte tente d'identifier "l´évolution" la plus importante profondément liée à  la base de la philosophie morale de Rousseau.
Cést la conversion radicale de la position éthique du "cons séquentialisme" comme le principe de non-nuisance (the harm principle) ("Fais ton bien avec le moindre mal d'autrui qu'il est possible") qui fait des conditions relatives la norme au sujet de l´équité d'un acte, en la "dé ntologie" ("Faisà autrui comme tu veux qu'on te fasse") qui fait de l´'egalité entre chaque individu un principe fondamental.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
投稿論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 02, 2012 09:00:00  
作成日
Jul 02, 2012 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 124 (201003)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 個人・組織両面で... (302) 1st
2位 J.S. ミルの社会... (295)
3位 「余白的コミュニ... (286)
4位 DAOの法的地位と... (280)
5位 新自由主義に抗す... (259)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 軍事組織における... (735) 1st
2位 楽天とアマゾンの... (519)
3位 大義ある未来 : ... (451)
4位 インフルエンサー... (353)
5位 家族主義と個人主... (347)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース