慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

Home  »»  Listing item  »»  Detail

Detail

Item Type Article
ID
AN00150430-00000111-0001  
Preview
Image
thumbnail  
Caption  
Full text
AN00150430-00000111-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.4 MB
Last updated :Oct 5, 2010
Downloads : 1814

Total downloads since Oct 5, 2010 : 1814
 
Release Date
 
Title
Title 慈悲と縁起  
Kana ジヒ ト エンギ  
Romanization Jihi to engi  
Other Title
Title Compassion and delendent origination  
Kana  
Romanization  
Creator
Name 齋藤, 直樹  
Kana サイトウ, ナオキ  
Romanization Saito, Naoki  
Affiliation 慶應義塾大学文学部  
Affiliation (Translated)  
Role  
Link  
Edition
 
Place
東京  
Publisher
Name 三田哲學會  
Kana ミタ テツガクカイ  
Romanization Mita tetsugakukai  
Date
Issued (from:yyyy) 2004  
Issued (to:yyyy)  
Created (yyyy-mm-dd)  
Updated (yyyy-mm-dd)  
Captured (yyyy-mm-dd)  
Physical description
 
Source Title
Name 哲學  
Name (Translated)  
Volume  
Issue 111  
Year 2004  
Month 3  
Start page 1  
End page 29  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII Article ID
 
Ichushi ID
 
Other ID
 
Doctoral dissertation
Dissertation Number  
Date of granted  
Degree name  
Degree grantor  
Abstract
「慈悲」karunaと「縁起」 pratityasamutpadaは大乗仏教とよばれる思想の展開のなかで,古来ひときわおおくの関心をあつめてきた概念である.しかし,この二つの概念が相互にいがなる関係をもつのかについては,学術的な議論の蓄積が十分になされてきたとはおもわれない.本誌前号に拙訳を掲載したシュミットハウゼンの論文は「縁起」と密接な関わりをもつ「空性」と「慈悲」との関係いかんという問題に解答をあたえるための手がかりを提供しようとするすぐれた文献学的貢献(Beitrag)であった.その論文のなかで氏は両概念の関係を「緊張」Spannungと「相補性」Komplementaritatという相のもとに捉えようとした.伝承された文献の言説に忠実であるならば,氏によって提示された理解が,その問題にたいする現状でのぎりぎりの解答であるかもしれない.つまり,慈悲がなんらかの働きかけをふくむかぎり,「寂滅」すなわち絶対的な静止を意味する縁起との矛盾をまぬかれることはできない,ということであろう.以下の論考は,シュミットハウゼンの論脈をふまえながらも,筆者なりに慈悲と縁起とのそれぞれの意味を問いかえし,両者をつなぐ理論的な可能性をさぐろうとする試みである.
 
Table of contents
1. 慈悲
2. 縁起
3. 縁起と慈悲
 
Keyword
 
NDC
 
Note
投稿論文
 
Language
日本語  
Type of resource
text  
Genre
Journal Article  
Text version
publisher  
131.113.194.249
Access conditions

 
Last modified date
Oct 05, 2010 09:00:00  
Creation date
Oct 05, 2010 09:00:00  
Registerd by
mediacenter
 
History
 
Index
/ Public / Faculty of Letters / Philosophy / 111 (200403)
 
Related to