慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000095-0015  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000095-0015.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.2 MB
Last updated :Oct 1, 2010
Downloads : 2066

Total downloads since Oct 1, 2010 : 2066
 
タイトル
タイトル 主観の空間性と心身問題 : 幻影肢と身体図式に関する哲学的考察  
カナ シュカン ノ クウカンセイ ト シンシン モンダイ : ゲンエイシ ト シンタイ ズシキ ニ カンスル テツガクテキ コウサツ  
ローマ字 Shukan no kukansei to shinshin mondai : geneishi to shintai zushiki ni kansuru tetsugakuteki kosatsu  
別タイトル
名前 Subjective space and mind-body problem : a philosophical interpretation of "phantom limb" and "body-schema"  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 河野, 哲也  
カナ コウノ, テツヤ  
ローマ字 Kono, Tetsuya  
所属 慶應義塾大学経済学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 1993  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
95  
1993  
7  
開始ページ 15  
終了ページ 37  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The purpose of this essay is to clarify the way in which consciousness localizes sensations, through an interpretation of a pathological phenomenom, the phenomenon of phantom limb. We compare Descartes' classic theory about 'the phantom limb' and localization of sensations with the modern psycho-physio-logical theories by H. Head and P. Schilder which insist on the importance of 'body-schema' for localization and body-movement or action as essential factors for the formation of the schema. Their studies show that the phantom limb is a 'habitual body' which the patient continues to hold in spite of the loss of his limb. According to Head and Schilder, consciousness localizes sensations through its own whole body which acts and moves, not only through its immovable brain. Finally, we conclude that the space is not only an object of perception, but is also related to body-movement or action, and that phenomenal or subjective space is sustained by objective space through actions and body-movements.
 
目次
1. 序
2. デカルトと幻影肢
3. ヘッドの「図式」による幻影の解明
4. シルダーの「身体像」
5. 考察と結論
 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 01, 2010 09:00:00  
作成日
Oct 01, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 95 (199307)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 記憶の社会学・序... (355) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (345)
3位 伊藤隆太君学位請... (345)
4位 越境するファシズ... (344)
5位 性犯罪の保護法益... (322)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (397) 1st
2位 新参ファンと古参... (383)
3位 アイドル文化にお... (328)
4位 Instagram解析に... (312)
5位 家族主義と個人主... (309)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース