慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000067-0147  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000067-0147.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.2 MB
Last updated :Sep 21, 2010
Downloads : 516

Total downloads since Sep 21, 2010 : 516
 
タイトル
タイトル Satisfaction-Rewards-Performance Relationships : A Correlational-Causal Analysis  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 南, 隆男  
カナ ミナミ, タカオ  
ローマ字 Minami, Takao  
所属 Faculty of Letters and the Institute for Management and Labor Studies, Keio University  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前  
カナ  
ローマ字 Schieman, William A.  
所属 Organizational Behavior Graduate Program, Georgia Institute of Technology  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 1978  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
67  
1978  
3  
開始ページ 147  
終了ページ 171  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The relationship between satisfaction, rewards or outcomes, and performance has been of prime interest for at least four decades now, and inevitably will continue to be popular until man finds some answers to the model linking these concepts. Despite the time and energy devoted to this area, not to speak of the space given this topic in the literature, little, if any, " conclusive " evidence has come forth. In an effort to obtain a better understanding of the performance-satisfaction relationship, and, to relate and give some direction to some of the traditional work done, a particular approach was employed. This study was designed to examine any causal relationships that might exist between our performance measure, various rewards or outcomes, and a global measure of satisfaction. The data provided the needed sufficiency for a look at causality : longitudinal measurements and correlational-causal analysis. Within this study, the Porter and Lawler model of performance causing satisfaction through outcomes, was not substantiated.; although moderate evidence was presented for a correlational relationship between satisfaction and performance moderated by intrinsic and interpersonal (extrinsic) rewards. No causal relationship was discovered supporting " human relations " movement (i. e., satisfaction causing performance) either. Some of many implications from these results were suggested for understanding complicate behavior patterns within complex industrial organizations in Japan.
 
目次
Hypothesis
Method
 Subjects
 Instruments
 Procedures
Results
Discussion
Improvements for Further Research
Implications
 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
May 26, 2011 15:20:34  
作成日
Sep 21, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 24, 2011    フリーキーワード, 目次 を変更
May 26, 2011    
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 67 (197803)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (524) 1st
2位 日韓会談と日韓国... (413)
3位 組織市民行動が成... (357)
4位 もしも世界がみん... (319)
5位 ドイツのSNS対策... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (725) 1st
2位 アセトアニリドの... (561)
3位 Instagram解析に... (534)
4位 日本市場における... (485)
5位 家族主義と個人主... (458)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース