慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

Home  »»  Listing item  »»  Detail

Detail

Item Type Article
ID
AN00069467-00000051-0017  
Preview
Image
thumbnail  
Caption  
Full text
AN00069467-00000051-0017.pdf
Type :application/pdf Download
Size :724.6 KB
Last updated :Mar 25, 2020
Downloads : 220

Total downloads since Mar 25, 2020 : 220
 
Release Date
 
Title
Title Reginald Pecock's theology of reason  
Kana  
Romanization  
Other Title
Title  
Kana  
Romanization  
Creator
Name 井口, 篤  
Kana イグチ, アツシ  
Romanization Iguchi, Atsushi  
Affiliation  
Affiliation (Translated)  
Role  
Link  
Edition
 
Place
東京  
Publisher
Name 慶應義塾大学言語文化研究所  
Kana ケイオウ ギジュク ダイガク ゲンゴ ブンカ ケンキュウジョ  
Romanization Keiō gijuku daigaku gengo bunka kenkyūjo  
Date
Issued (from:yyyy) 2020  
Issued (to:yyyy)  
Created (yyyy-mm-dd)  
Updated (yyyy-mm-dd)  
Captured (yyyy-mm-dd)  
Physical description
 
Source Title
Name 慶應義塾大学言語文化研究所紀要  
Name (Translated) Reports of the Keio Institute of Cultural and Linguistic Studies  
Volume  
Issue 51  
Year 2020  
Month 3  
Start page 17  
End page 36  
ISSN
03873013  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII Article ID
 
Ichushi ID
 
Other ID
 
Doctoral dissertation
Dissertation Number  
Date of granted  
Degree name  
Degree grantor  
Abstract
15世紀イングランドの神学者レジナルド・ピーコック (Reginald Pecock, c.1392-c.1459) が、ロラード派異端に反駁した俗語著作群において、なぜ理性を極端に強調しているかについては、これまでにも多くの研究がなされてきた。本稿は、カトリック教会が展開したロラード派異端撲滅の文脈の中で論じられることが多いピーコックの俗語神学書の中に、ラテン語文化の痕跡を探し求める試みである。ピーコックが用いた語彙や文体は言うに及ばず、キリスト者たちが自分自身と神に関する深い知に達する際に必要不可欠であると彼がみなした理性の概念も、ラテン語の体系的な知に根本的に支えられている。つまり、異端の道に迷い込んだ一般信徒たちを俗語で真摯に説得しようとしたピーコックは、彼の「俗語の声」の意義を強調する近年の研究成果にもかかわらず、徹頭徹尾ラテン語知に依拠して峻厳に理性の重要性を語る説教者であったのだ。この「ラテン語性」をピーコック理解の中心に据えることで、中世神学と宗教改革神学とをつなぐ結節点の一つとして彼の神学をより深く理解する可能性が開かれるであろう。
 
Table of contents

 
Keyword
 
NDC
 
Note
論文
 
Language
英語  

日本語  
Type of resource
text  
Genre
Departmental Bulletin Paper  
Text version
publisher  
131.113.194.249
Access conditions

 
Last modified date
Mar 25, 2020 14:45:19  
Creation date
Mar 25, 2020 14:45:19  
Registerd by
mediacenter
 
History
Mar 25, 2020    インデックス を変更
 
Index
/ Public / The Keio Institute of Cultural and Linguistic Studies / Reports of the Keio Institute of Cultural and Linguistic Studies / 51 (202003)
 
Related to