慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00003152-00000059-0105  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00003152-00000059-0105.pdf
Type :application/pdf Download
Size :496.7 KB
Last updated :Aug 24, 2009
Downloads : 2804

Total downloads since Aug 24, 2009 : 2804
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 「エビデンス・ベースト・ライブラリアンシップ」(EBL)の枠組みの検討 : 日本の図書館情報学文献の実態に基づいて  
カナ エビデンス ベースト ライブラリアンシップ EBL ノ ワクグミ ノ ケントウ : ニホン ノ トショカン ジョウホウガク ブンケン ノ ジッタイ ニ モトズイテ  
ローマ字 Ebidensu besuto raiburarianshippu EBL no wakugumi no kento : Nihon no toshokan johogaku bunken no jittai ni motozuite  
別タイトル
名前 Re-examination of Evidence-based Librarianship (EBL) : a content analysis of journal articles  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 上田, 修一  
カナ ウエダ, シュウイチ  
ローマ字 Ueda, Shuichi  
所属 慶應義塾大学文学部  
所属(翻訳) Faculty of Letters, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 汐﨑, 順子  
カナ シオザキ, ジュンコ  
ローマ字 Shiozaki, Junko  
所属 慶應義塾大学大学院文学研究科  
所属(翻訳) Graduate School of Library and Information Science, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 國本, 千裕  
カナ クニモト, チヒロ  
ローマ字 Kunimoto, Chihiro  
所属 慶應義塾大学大学院文学研究科  
所属(翻訳) Graduate School of Library and Information Science, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 宮田, 洋輔  
カナ ミヤタ, ヨウスケ  
ローマ字 Miyata, Yosuke  
所属 慶應義塾大学大学院文学研究科  
所属(翻訳) Graduate School of Library and Information Science, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 林, 佐和子  
カナ ハヤシ, サワコ  
ローマ字 Hayashi, Sawako  
所属 慶應義塾大学大学院文学研究科  
所属(翻訳) Graduate School of Library and Information Science, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 三根, 慎二  
カナ ミネ, シンジ  
ローマ字 Mine, Shinji  
所属 慶應義塾大学文学部 (非常勤講師)  
所属(翻訳) Faculty of Letters, Keio University (part-time)  
役割  
外部リンク  

名前 石田, 栄美  
カナ イシダ, エミ  
ローマ字 Ishida, Emi  
所属 駿河台大学文化情報学部  
所属(翻訳) Faculty of Cultural Information Resources, Surugadai University  
役割  
外部リンク  

名前 倉田, 敬子  
カナ クラタ, ケイコ  
ローマ字 Kurata, Keiko  
所属 慶應義塾大学文学部  
所属(翻訳) Faculty of Letters, Keio University  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田図書館・情報学会  
カナ ミタ トショカン ジョウホウ ガッカイ  
ローマ字 Mita toshokan joho gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2008  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 Library and information science  
翻訳  
 
59  
2008  
 
開始ページ 105  
終了ページ 115  
ISSN
03734447  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
【目的】 図書館業務における研究成果の活用と研究の実践を促進するエビデンス・ベースト・ライブラリアンシップ(EBL) の適用可能性と問題点を検討する。
【方法】 日本の雑誌論文100論文に対してEBLで挙げられている根拠のレベル, 課題, 主題領域を調査し集計した。
【成果】 日本の図書館情報学論文はEBLの根拠のレベルでは, 事例研究と専門家の意見が大半を占め, EBLのレベルの高いとされるサミングアップは2件にとどまった。 また, EBLで示されている三つの課題にあてはまらず, 課題のない論文が30と多かった。 主題領域にも偏りがみられた。 しかし, EBLの枠組みを検討すると, EBLがエビデンス ・ベースト・メディシン(EBM)の影響を強く受けているため, 図書館情報学文献に適用するには困難が多いことが確認された。
Purpose: The evidence-based librarianship (EBL) approach promotes the application of research results to library services and at the same time, is a promising methodological framework for further improving the quality of research in library science. In this paper, the issues surrounding EBL and its application are discussed.
Method: One hundred Japanese journal articles on library and information science were coded according to the level of their EBL evidence (one of seven levels), the three types of EBL questions, and the domain of the article as defined in the EBL approach.
Results: Thirty three articles were identified as case studies (Level 6) and fifty three articles were identified as expert opinion (Level 7). Only two articles were coded as summing up (Level 2) which are said to have high EBL evidence. Thirty percent of the papers did not contain questions; therefore, they were not able to be assigned to one of the three types of questions. Fifteen of the articles were in the "collections" domain and twenty three were in the "management"
domain; however, no articles were in the "marketing/promotion" domain. Since the concept of EBL is derived from evidence-based medicine (EBM), it can be difficult to apply it to articles in library and information science.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
短報
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 06, 2014 11:14:08  
作成日
Aug 24, 2009 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 19, 2013    フリーキーワード, 抄録 を変更
Feb 6, 2014    著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [図書館・情報学] Library and information science / 59 (2008)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 なぜ日本ユニテリ... (492) 1st
2位 ネットワークにつ... (476)
3位 ドイツのSNS対策... (452)
4位 慶應義塾大学薬学... (426)
5位 新自由主義に抗す... (402)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (783) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (546)
3位 楽天とアマゾンの... (496)
4位 インフルエンサー... (482)
5位 独ソ不可侵条約と... (444)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース