慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2021000003-20210156  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2021000003-20210156.pdf
Type :application/pdf Download
Size :91.3 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 27

Total downloads since Feb 16, 2024 : 27
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル Computational analysis of the world's music  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 Savage, Patrick  
カナ サベジ, パトリック  
ローマ字  
所属 慶應義塾大学環境情報学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2021  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Thanks to the support of the Keio University Academic Development Funds for Individual Research, we were able to successfully carry out our proposed research, publish 9 original research papers, and give 22 presentations at international conferences (all virtual due to COVID-19).

Specifically, the fund allowed us to pay for student part-time work to undertake research and to present and publish our research findings at international journals and conferences such as Behavioral and Brain Sciences, Current Biology, the International Society for Music Information Retrieval, the International Conference on Music Perception and Cognition, and the Cultural Evolution Society World Conference.

Our major findings were that there is both substantial cross-cultural variation and cross-cultural universals in music perception and production, and that social bonding is a unifying factor that shapes this cross-cultural diversity and universality. We obtained these findings using new methods from computer science and cognitive science to analyze and compare music from around the world. In the future we hope to build on these results to apply these techniques at larger scales to tackle challenges such as automatic music recommendation and understanding global variation in music perception and production. We are grateful for the financial support of the Keio University Academic Development Funds for Individual Research.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 14:10:29  
作成日
Feb 16, 2024 14:10:29  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2021年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (980) 1st
2位 「危険の予見可能... (564)
3位 731部隊と細菌戦 ... (384)
4位 新自由主義に抗す... (380)
5位 ガールクラッシュ... (343)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (954) 1st
2位 渋沢栄一と朝鮮 :... (779)
3位 731部隊と細菌戦 ... (770)
4位 酢酸エステル類の... (696)
5位 慶應義塾大学日吉... (652)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース