慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190246  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190246.pdf
Type :application/pdf Download
Size :118.9 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 227

Total downloads since Dec 16, 2022 : 227
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 中・大員環化合物の面不斉から中心不斉への立体選択的な変換反応の開発と応用  
カナ チュウ・ダイインカン カゴウブツ ノ メン フセイ カラ チュウシン フセイ エノ リッタイ センタクテキナ ヘンカン ハンノウ ノ カイハツ ト オウヨウ  
ローマ字 Chū daiinkan kagōbutsu no men fusei kara chūshin fusei eno rittai sentakutekina henkan hannō no kaihatsu to ōyō  
別タイトル
名前 Development of reactions for the stereoselective transfer of planar chirality to stereogenic centers in medium- and large-sized ring compounds and their application  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 高尾, 賢一  
カナ タカオ, ケンイチ  
ローマ字 Takao, Ken-ichi  
所属 慶應義塾大学理工学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
中・大員環は渡環相互作用などの理由からその形成が不利とされており、それらの効率的な合成反応の開発は有機化学の分野において挑戦的な研究課題のひとつである。本研究では、歪みが大きい中・大員環化合物をあえて合成中間体として設定し、それらの化合物が有する面不斉を立体選択的に中心不斉へと変換する反応の開発を目的とした。さらに、開発した反応を用いて天然物(+)-アクアトリドおよびその類縁体の全合成研究を行った。
(+)-アクアトリドは、1989年にキク科植物より単離されたセスキテルペノイドである。その構造は五連続不斉中心を含む特異な四環性骨格を有しており、炭素11員環を有する(–)-アステリスクノリドCより渡環[2+2]環化付加反応にて生合成されていると推定されていた。そこで私たちは、アステリスクノリド類縁体を合成中間体に設定した。すなわち、シクロブテンカルボン酸エステル誘導体の開環/閉環/交差メタセシスによりブテノリド骨格を構築し、続いて分子内野崎–檜山–高井–岸反応を用いて炭素11員環を形成した。検討の結果、(–)-アステリスクノリドDのメタノール付加体に光照射することで渡環[2+2]環化付加反応が進行し、(+)-アクアトリドの5/5/4/8員環からなる四環性骨格を構築できることを見出した。本反応において、基質の炭素11員環化合物が有する面不斉は立体選択的に四つの中心不斉に変換され、単一の異性体として目的とする生成物を得ることができた。この他にも、5/4/4/7員環からなる四環性骨格や5/5/8員環からなる三環性骨格の構築も達成した。
以上のように、私たちは(+)-アクアトリドおよびその類縁体の短工程、かつ効率的な全合成に成功した。本研究は有機合成化学の分野において、今までにない独自の方法論を確立することができた。
The direct formation of medium- and large-sized rings is problematic because of unfavorable transannular interactions. Therefore, the development of reactions for their efficient formation is one of challenging subjects in organic chemistry. In this study, highly strained medium- and large-sized ring compounds were set as synthetic intermediates and the stereoselective transfer of their planar chirality to stereogenic centers was investigated. Furthermore, the developed reaction was applied to the total syntheses of (+)-aquatolide and related compounds.
(+)-Aquatolide is a sesquiterpenoid that was isolated from the composite plant in 1989. Its structure consists of a unique tetracyclic skeleton containing five contiguous stereogenic centers. The proposed biosynthesis of (+)-aquatolide involves a transannular [2+2] cycloaddition of (–)-asteriscunolide C bearing an 11-membered carbocycle. We set an asteriscunolide-type compound as a synthetic intermediate. Thus, a ring-opening/ring-closing/cross metathesis of cyclobutenecarboxylate constructed the butenolide skeleton and a subsequent intramolecular Nozaki–Hiyama–Takai–Kishi reaction formed the 11-membered carbocycle. After extensive examinations, we found that the transannular [2+2] cycloaddition of a methanol-adduct of (–)-asteriscunolide D proceeded by irradiation of light to construct the tetracyclic 5/5/4/8-ring skeleton of (+)-aquatolide. In this reaction, the planar chirality of the 11-membered ring compound was stereoselectively transferred to four stereogenic centers and the desired product was obtained as a single isomer. In addition, a tetracyclic 5/4/4/7-ring skeleton and a tricyclic 5/5/8-ring skeleton were also constructed.
In conclusion, we achieved the short, efficient total syntheses of (+)-aquatolide and related compounds. This research established a new, original methodology in synthetic organic chemistry.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:37  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:37  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (1014) 1st
2位 「危険の予見可能... (594)
3位 731部隊と細菌戦 ... (390)
4位 新自由主義に抗す... (390)
5位 ガールクラッシュ... (359)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (966) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (773)
3位 酢酸エステル類の... (714)
4位 渋沢栄一と朝鮮 :... (700)
5位 慶應義塾大学日吉... (657)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース