慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190051  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190051.pdf
Type :application/pdf Download
Size :122.4 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 58

Total downloads since Dec 16, 2022 : 58
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 近世・近代日本における醤油醸造業の地域的基盤 : 北海道と九州を対象に  
カナ キンセイ・キンダイ ニホン ニ オケル ショウユ ジョウゾウギョウ ノ チイキテキ キバン : ホッカイドウ ト キュウシュウ オ タイショウ ニ  
ローマ字 Kinsei kindai Nihon ni okeru shōyu jōzōgyō no chiikiteki kiban : Hokkaidō to Kyūshū o taishō ni  
別タイトル
名前 Regional base of soy sauce brewing industry in early modern and modern Japan : Hokkaido and Kyushu  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 井奥, 成彦  
カナ イオク, シゲヒコ  
ローマ字 Ioku, Shigehiko  
所属 慶應義塾大学文学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
3年計画の1年目である2019年度は、史料調査として、髙梨兵左衛門家史料を所蔵している千葉県野田市の上花輪歴史館に日帰りで3度、愛知県半田市の小栗宏次家(旧萬三商店)、千葉県銚子市のヤマサ醤油株式会社本社にそれぞれ1泊2日で1度、それに有限会社片口屋文書を所蔵している富山県射水市新湊博物館に2泊3日で1度訪れ、写真撮影による史料収集を行った。
上花輪歴史館での史料調査においては、現在のキッコーマン株式会社の源流の一つである大醤油醸造家髙梨兵左衞門家の近代の帳簿類を閲覧、撮影し、それらを通して関東の大醸造家が北海道や九州といった遠隔地にどのように販路を拡げようとしていたのかを検討している。
小栗家宏次家(旧萬三商店)での史料調査においては、同家史料から窺える近代日本の醤油醸造業の全国的状況が窺える史料を検討している。
ヤマサ醤油株式会社では、近代において会社独自に日本全国の醤油醸造業の調査を熱心に行っていたが、本研究においてはそうした調査資料を活用して、髙梨家と並ぶ関東の大醸造家がいかに北海道や九州へ進出しようとしていたかを検討している。日本の2大醤油産地である野田、銚子のそれぞれ大醸造家の地方進出の競合または棲み分けがどのように行われていたのかに注目しつつ研究を行っているところである。
射水市新湊博物館での史料調査においては、帳簿類の閲覧、撮影を行い、小醸造家である片口屋が、近代において大醸造家の市場進出にどのように対応していたかを検討している。このことは、地方の中小醤油醸造家が大醸造家の進出の中でいかに自己の経営基盤を維持していたかを考える上での一つのモデルケースになり得ると考えている。
本研究では近代北海道及び九州の醤油醸造業の実態を探るべく、北海道立図書館、大分県立図書館への史料調査も企画したが、いずれも新コロナウイルス蔓延拡大の影響により休館になったため、果たせなかった。3年計画の2年目となる2020年度は、新コロナウイルスの蔓延が収束次第、両機関への調査に重点を置いて研究を進めたいと考えている。
In fiscal 2019, the first year of the three-year plan, as a historical survey, we went to the Kamihanawa History Museum in Noda City, Chiba Prefecture, the Oguri Koji House in Handa City, Aichi Prefecture, the Yamasa Shoyu Co., Ltd. in Choshi City, Chiba Prefecture, and the Shinminato Museum, Imizu City, Toyama Prefecture, and collected historical materials by taking photographs.
In historical materials survey at the Kamihanawa History Museum, we browsed and photographed modern books of the Takanashi Hyozaemon family, a large-scale soy sauce brewer who is one of the origins of the current Kikkoman Co., Ltd.. THrough them, We are studying how large brewers were trying to expand their sales channels to remote areas such as Hokkaido and Kyushu.
In historical materials survey at the Oguri Koji family  (formerly Mansan Shoten), we are examining historical materials that show the national situation of modern Japanese soy sauce brewing industry.
In modern times, Yamasa Shoyu Co., Ltd. was enthusiastically researching the soy sauce brewing industry throughout Japan.  In this research, using such research materials, we are considering how a large brewer in the Kanto region was trying to expand sales channel into Hokkaido and Kyushu. We are  conducting research while paying attention to how the two major soy sauce producing regions, Noda and Choshi, were involved in the regional expansion or segregation of large brewers.
In the historical data survey at the Shinminato Museum in Imizu, we read and take photographs of the books of the small brewer Katakuchiya and we examine how the small brewer responded to the market expansion of the large brewer in the modern age. We believe that this can be one of the model cases for thinking about how small and medium-sized soy sauce brewers maintained their own business foundations as large brewers entered.
In this research, we planned a survey of historical materials in the Hokkaido Library and the Oita Prefectural Library in order to explore the actual conditions of the modern Hokkaido and Kyushu soy sauce brewing industry. In fiscal 2020, the second year of the three-year plan, we will do our research at both institutions as soon as the spread of the new coronavirus is over.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:40:01  
作成日
Dec 16, 2022 10:40:01  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (488) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (419)
3位 慶應義塾図書館史... (414)
4位 認知文法から考え... (395)
5位 M&Aにおける... (383)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (393) 1st
2位 新参ファンと古参... (321)
3位 日本における美容... (303)
4位 興味が引き起こさ... (252)
5位 新自由主義に抗す... (250)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース