慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170303  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170303.pdf
Type :application/pdf Download
Size :124.5 KB
Last updated :Jul 29, 2019
Downloads : 107

Total downloads since Jul 29, 2019 : 107
 
タイトル
タイトル がん化学療法による皮膚障害のセルフマネジメントに対する自己効力感尺度の開発  
カナ ガン カガク リョウホウ ニ ヨル ヒフ ショウガイ ノ セルフ マネジメント ニ タイスル ジコ コウリョクカン シャクド ノ カイハツ  
ローマ字 Gan kagaku ryōhō ni yoru hifu shōgai no serufu manejimento ni taisuru jiko kōryokukan shakudo no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of a self-efficacy scale for self-management of skin reacton induced by cancer chemotherapy  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 田村, 紀子  
カナ タムラ, ノリコ  
ローマ字 Tamura, Noriko  
所属 慶應義塾大学看護医療学部助教(有期)  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は, がん化学療法による皮膚障害のセルフマネジメントに対する自己効力感を測定するための尺度を作成し, 臨床における適用を目指して, 信頼性, 妥当性を検証することを目的とした。
①仮尺度の決定
2016年度に実施したパイロット調査の結果について, 項目分析, I-T相関の確認, 項目同士の相関係数の算出, 探索的因子分析を行った。その結果に基づき, 13項目を削除, また一部の項目について質問の表現を変更し, 19項目から成る尺度案を決定した。
②本調査の開始
2017年11月より本調査を開始した。研究への協力を依頼している大学病院において, 皮膚障害が高頻度に発生する抗がん剤, あるいは分子標的薬を含むレジメンで治療を受けている患者に対して調査を依頼し, 同意の取れた患者を対象とした。まずは一般消化器外科の乳腺外科外来で, 乳がんの治療を行っている患者への調査を開始した。
③調査の進捗状況・今後の予定
2018年3月末時点で, 20名の対象者にアンケート(尺度案含む)への回答を依頼し, 19名より協力が得られた。手足症候群や皮膚乾燥症等, 皮膚障害を有する対象者は10名いた。
調査対象には術後補助化学療法を目的とした患者も含まれていた。再発・進行がんなど化学療法以外に治療の選択肢がない状況にある患者と, 治療やセルフマネジメントの意味合いが異なるため, 今後は再発・進行がんの患者を対象として, 引き続き, 調査を進めていくこととする。
女性の場合, 日常的なスキンケアとして保湿, 日焼けや水仕事による皮膚への刺激に対処することに取り組んでいる対象者も多く, セルフマネジメントのレベルが高い対象者も多く見られた。そのため, 今後は男性も対象とし, より高頻度に皮膚障害が発生するレジメンによる治療を受けている患者への調査が必要であるため, 胃がん, 大腸がん等の消化器がん, および肺がんの患者に対する調査を計画的に進めていきたいと考えている。
The purpose of this research is development the scale speccifically for measuring self-efficacy for self-management of skin reaction induced by cancer chemotherapy. And I will verify the reliability and the validaity of a scale for application in a clinical setting.
Nineteen patients who treat with anticancer agent were enrolled in this study until March 2018. Ten patients had skin reaction by chemotherapy. There is a differnce in the purpose and meaning of self-management between adjuvand chemotherapy and the chemotherapy for recurrent or advanced cancer. So recurrent or advanced cancer patients will enroll in this study from now on.
Many of nineteen female patinets performed good self-management as daily skin care. Male patients must be enrolled in this study, so I will carry out the data collection of gastrointestinal cancer patients or lung cancer patients.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 29, 2019 11:07:13  
作成日
Feb 21, 2019 16:11:39  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
Jul 29, 2019    著者,上位タイトル 名前,抄録 内容 を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 人びとはどのよう... (888) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (356)
3位 記憶の社会学・序... (332)
4位 越境するファシズ... (331)
5位 伊藤隆太君学位請... (323)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Design and evalu... (3138) 1st
2位 The impact of se... (2247)
3位 Implementation a... (2236)
4位 Prevalence of TE... (2226)
5位 The development ... (2217)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース