慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170114  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170114.pdf
Type :application/pdf Download
Size :132.9 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 520

Total downloads since Feb 21, 2019 : 520
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ジャック・デリダの死刑論を多方面から包括的に検討する研究  
カナ ジャック・デリダ ノ シケイロン オ タホウメン カラ ホウカツテキ ニ ケントウスル ケンキュウ  
ローマ字 Jakku Derida no shikeiron o tahōmen kara hōkatsuteki ni kentōsuru kenkyū  
別タイトル
名前 Thinking death penalty with Jacques Derrida  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 高桑, 和巳  
カナ タカクワ, カズミ  
ローマ字 Takakuwa, Kazumi  
所属 慶應義塾大学理工学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
フランスの哲学者ジャック・デリダの1999–2000年度講義録『死刑[I]』の刊行(白水社, 2017年)を承けて(研究代表者が翻訳), デリダの思想を, また死刑存置論の全体を, あらためて考察しようというのが本研究のねらいである。
そのために, 2017年10月7日に「デリダと死刑を考える」と題したシンポジウムを開催した(10時半から18時過ぎまで)。会場は日吉キャンパス来往舎2階大会議室である。開催にあたっては, 資金上は「学事振興資金」に全面的に頼った。開催の実際にあたっては「教養研究センター」の「後援」を受けたほか(具体的にはポスター作成など学内を中心とした広報), 「アムネスティ・インターナショナル日本」「脱構築研究会」「白水社」の「協賛」を得た(ネット上をはじめとする広報にご協力いただいた)。
当日は70名ほどの聴衆に恵まれた。
登壇者は, 研究代表者(司会)のほか, 登壇順に, 石塚伸一(龍谷大学法学部教授), 鵜飼哲(一橋大学大学院言語社会研究科教授), 梅田孝太(上智大学ほか講師), 江島泰子(日本大学法学部教授), 郷原佳以(東京大学大学院総合文化研究科准教授), 福田真希(リール第2大学連携研究員), 増田一夫(東京大学大学院総合文化研究科教授)であった。登壇者は, おのおのの研究分野(刑法学, 法制史, フランス文学, ドイツ哲学, フランス哲学, フランス文学, ヨーロッパ地域文化研究, およびそれらの複合領域)から『死刑[I]』を読み, それぞれ30–60分程度の発表をおこなった。
多様な観点から, デリダによる「死刑存廃論の脱構築」の全体像を捉えなおすことができ, また, 死刑廃止論の今後に対する見通しと困難さとを確認することができた。
この重要な成果を広く世に問うためにも, このシンポジウムを出発点として, 同名(仮題)の論文集をまとめ, 刊行することにしている(白水社, 2018年(予定))。
We held a symposium entitled "Thinking Death Penalty with Derrida" on October the 7th 2017, with Kazumi Takakuwa (chair), Shinichi Ishizuka, Satoshi Ukai, Kouta Umeda, Yasuko Eshima, Kai Gouhara, Maki Fukuda and Kazuo Masuda.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 13:10:03  
作成日
Feb 21, 2019 13:10:03  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (808) 1st
2位 新自由主義に抗す... (394)
3位 アイドル文化にお... (391)
4位 組織市民行動が成... (316)
5位 もしも世界がみん... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (730) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (636)
3位 解説 : 体液の物... (634)
4位 適応的選好形成と... (567)
5位 姿勢維持における... (551)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース