慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170106  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170106.pdf
Type :application/pdf Download
Size :119.1 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 81

Total downloads since Feb 21, 2019 : 81
 
タイトル
タイトル 労働市場をめぐる諸制度と不平等構造 : 職業キャリアの視点から  
カナ ロウドウ シジョウ オ メグル ショセイド ト フビョウドウ コウゾウ : ショクギョウ キャリア ノ シテン カラ  
ローマ字 Rōdō shijō o meguru shoseido to fubyōdō kōzō : shokugyō kyaria no shiten kara  
別タイトル
名前 Labor market institutions and inequality structure : From viewpoints of intragenerational career mobility  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 竹ノ下, 弘久  
カナ タケノシタ, ヒロヒサ  
ローマ字 Takenoshita, Hirohisa  
所属 慶應義塾大学法学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では, 労働市場の諸制度が, 階層移動や不平等にどのような影響を及ぼすのかについて, 管理職に注目して明らかにした。本研究は, 管理職を事例に, 個々の局面に分節化されてきた階層移動研究をつなぎ合わせ, 日本における教育と労働市場の諸制度が, 管理職へといたる階層移動の全体にどのような影響を及ぼしているのかを明らかにする。具体的には, 管理職の場合, 組織内部での技能形成, キャリアの蓄積やその結果としての昇進が, 考慮すべき重要な要件となる。そのため, 大企業中心に形成された企業を基盤とする内部労働市場や, 大企業と中小企業における格差, 二重構造が, 管理職への移動に大きく影響する労働市場の制度として注目すべきである。内部労働市場を基盤とする諸制度は, 新卒一括採用や採用選考時に求職者の出身学校をスクリーニングのために重視するなど, 日本の学校から職場への移行のあり方も大きく枠づけてきた。本研究では, このような諸制度が, 管理職への到達をめぐる世代間移動と世代内移動との間に, どのような関わりを有するのかを明らかにした。さらに, 本研究では, このような職業キャリアと制度との関係が, 賃金にどのような影響を及ぼすのかについて, 男女間賃金格差にも注目して, 明らかにした。日本には, 様々な労働市場の分断が存在すると言われている。正規と非正規, 大企業と中小企業, そして男性と女性など, 様々な労働市場の分断が存在する。このような労働市場の分断の中にジェンダーがどのように位置づくのかについて, 所得の平均だけでなく, 分布をトータルに扱うことができる分位点回帰分析とOaxaca-Blinder Decomposition techniqueを組み合わせて用いることで, 所得分布の下位, 中位, 上位では, どのように男女間賃金格差が異なるのかを, 明らかにした。
This study explores the ways in which institutional arrangements of education and labor market are linked to the transition into the managerial position among people from the perspective of intergenerational and intragenerational social mobility. Previous literatures disaggregated the process through which class advantages are transmitted across generations into the three parts : differences in educational attainment by family background, transition from school to work, and work-related career trajectories in the labor market. Given this distinction, previous studies investigated how institutional arrangements played a role in producing advantages or disadvantages in access to specific positions or resources. Meanwhile, previous studies lack a comprehensive viewpoint to grasp how institutional arrangements shape a whole process of intergenerational social mobility. To fill this gap, this study focuses on transition into managerial positions because a chance in attaining this position would presumably depend on labor market institutions, as have been discussed considerably by prior studies of inequality. Firm-based internal labor markets that are found in large-sized organizations, labor market segmentation between large and small firms, institutional linkages between schools and labor markets, and the role of schools in screening employees in organizations should be considered as institutional arrangements that shape people's chances in transition into managerial positions. This study explores how these institutional arrangements are linked to the transition of male workers into managerial positions in Japan. In addition, this study investigates gender wage gap in Japan and other Asian countries and how the wage gap is related to labor market institutions and inequality. The labor market segmentation exists in Japan along several dimensions : the division between the standard and the non-standard employment, the division between the large-sized and small-sized firms, and the segmentation between men and women. I explore the ways in which the gender wage gap is shaped by the distinctive disparity by firm size and that of employment contract. By using both the Oaxaca-Blinder decomposition technique and the unconditional quantile regression, we examine how the gender wage gap differs depending on the location of the whole wage distribution.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 13:10:02  
作成日
Feb 21, 2019 13:10:02  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 サイバーセキュリ... (591) 1st
2位 ダイナミック・ケ... (281)
3位 新自由主義に抗す... (259)
4位 大学生の生活スト... (181)
5位 731部隊による細... (141)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 クラウドストレー... (5978) 1st
2位 アセトアニリドの... (756)
3位 ルミノールとルシ... (616)
4位 日本におけるクラ... (609)
5位 ジャニーズのアイ... (444)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース