慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170091  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170091.pdf
Type :application/pdf Download
Size :108.9 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 204

Total downloads since Feb 21, 2019 : 204
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 慶應義塾の考古学研究史に関する基礎的研究  
カナ ケイオウ ギジュク ノ コウコガク ケンキュウシ ニ カンスル キソテキ ケンキュウ  
ローマ字 Keiō gijuku no kōkogaku kenkyūshi ni kansuru kisoteki kenkyū  
別タイトル
名前 Basic research of the history of archaeological studies at the Keio university  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 安藤, 広道  
カナ アンドウ, ヒロミチ  
ローマ字 Ando, Hiromichi  
所属 慶應義塾大学文学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
3年計画の1年目である2017年度は, 計画通り, 民族学考古学専攻所蔵資料に関わる, 発掘調査の記録や図面, 調査・研究の記録, 資料の利用に関わる文書等の調査, 目録作成, デジタル化を進めた。研究室に残されたこれらの資料は膨大な量に及び(おそらく段ボール箱100箱以上), 全体を把握することが困難であったため, 保管されている場所ごとの資料のまとまりに対して, 調査, 目録作成, デジタル化を完了させていくことにした。
その結果, 研究室棟の2ヶ所の民族学考古学専攻関係の倉庫に保管されている資料(段ボール20箱程度)の目録作成はほぼ完了し, その1/2程度をデジタル化することができた。西校舎の倉庫に保管されている資料の一部についても(段ボール箱10箱分)の目録作成とデジタル化が完了した。ただし, 大型の図面や写真については, デジタル化は行っていない。
In FY2017, the first year of the three yearly plan, according to the plan I had gone ahead with investigation, cataloguing and digitalization of the records and documents concerning the past researches and usages of the archaeological collections preserved within the department of archaeology and ethnology, and of the records and drawings of the excavations related to acquiring those collections. Because the amounts of such materials (records, documents, drawings and so on) kept in the department are too large (probably more than 100 document boxes) to grasp the whole amount, I decided to investigate, catalogue and digitalize each group of materials kept at several places in the campus.
As the result I could almost finish cataloguing the materials kept in the two storages in the faculty offices building, and digitalize almost half of them. In addition, a part of the materials kept in the one storage in the west school building (10 document boxes) was finished cataloguing and digitalizing. However large size drawings and photographs couldn't be digitalized.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 13:10:01  
作成日
Feb 21, 2019 13:10:01  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 J.S. ミルの社会... (313) 1st
2位 個人・組織両面で... (311)
3位 DAOの法的地位と... (279)
4位 新自由主義に抗す... (277)
5位 「余白的コミュニ... (251)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 軍事組織における... (741) 1st
2位 大義ある未来 : ... (443)
3位 楽天とアマゾンの... (386)
4位 江藤名保子君学位... (336)
5位 戦時期マラヤ・シ... (321)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース