慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12002001-20090331-0049  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12002001-20090331-0049.pdf
Type :application/pdf Download
Size :414.5 KB
Last updated :Oct 24, 2011
Downloads : 947

Total downloads since Oct 24, 2011 : 947
 
タイトル
タイトル Neuroanatomical and behavioural studies on dominance linearity in the crow  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 伊澤, 栄一  
カナ イザワ, エイイチ  
ローマ字 Izawa, Eiichi  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 渡辺, 茂  
カナ ワタナベ, シゲル  
ローマ字 Watanabe, Shigeru  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
Publisher  
出版地
Tokyo  
出版者
名前 Centre for Advanced Research on Logic and Sensibility The Global Centers of Excellence Program, Keio University  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2009  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 CARLS series of advanced study of logic and sensibility  
翻訳  
2  
 
2008  
 
開始ページ 49  
終了ページ 58  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Mechanisms for dominance linearity as logic in social structure were investigated by (1) quantitative neuroanatomical comparison of pallial nucleic volumes between jungle crows and zebra finches, and by (2) examining the function of allopreening in group-housing crows. In experiment-1, proportions of the pallial nuclei to the entire telencephalon were compared between jungle crows and zebra finches. Ratios of those nuclei to basal ganglion volume were also compared between the two species. We found that proportions of pallial nuclei were relatively similar in the two species but major enlargement of crow brain in comparison to finch brain emerged in dorsal 'association' pallium, including mesopallium and nidopallium, based on the ratio index. In experiment-2, allopreening and agonistic interactions were recoded in a form of matrices and analyzed for examining the potential relationship between the two social interactions. We found no reciprocity between preeners and preenees but significant relationships between preeners and dominant individuals (i.e., preenees and subordinates). This result suggest the function of allopreening as dominance status signal which may contribute to maintain dominance linearity.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
Part 1: Brain and Evolution
 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2011 09:00:00  
作成日
Oct 24, 2011 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 慶應義塾大学グローバルCOEプログラム論理と感性の先端的教育研究拠点 / CARLS series of advanced study of logic and sensibility / 2 (2008)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ロマン主義として... (282) 1st
2位 ジャニーズのアイ... (279)
3位 新自由主義に抗す... (244)
4位 犯罪とわが国民性 (211)
5位 アセトアニリドの... (186)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 日本企業によるリ... (1235) 1st
2位 アセトアニリドの... (576)
3位 ジャニーズのアイ... (488)
4位 ジヒドロアクリジ... (413)
5位 中和滴定と酸塩基... (403)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース