慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26730095seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26730095seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :288.5 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 60

Total downloads since Jan 6, 2017 : 60
 
タイトル
タイトル What do you understand ? Toward tracking user expertise using eye tracking  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 Kunze, Kai  
カナ クンツェ, カイ  
ローマ字  
所属 慶應義塾大学・メディアデザイン研究科・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00648040  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は容易に身につけられるセンシングデバイスを使い, 特に熟練者の認知活動をトラッキングし, 理解する手立てを得ることを目標としています。認知活動の抽出だけでなくアイ・ウェアコンピューティングに特化した新たな研究領域を定義し, より自然な認知活動の理解やトラッキング手法の開発を目的としています。本研究成果として論文発表(学術雑誌2, 著書1, 学会発表12)だけでなくACM, UbiCompでワークショップを2014, 2015年と開催しドイツで主催したDagstuhl Seminarではアイ・ウェアコンピューティングという新たなコンセプトを打ち出した専門家と討議し新たな研究領域定義に貢献しました
In this project we focus on determining relations between easy to wear sensing technology, comprehension and other skills related to expertise. We were not only able to introduce new features and sensing modalities for tracking expertise related metrics but also to define a new research community focusing on related problems around the novel field of eye wear computing to use for unobtrusive expertise and cognitive task tracking. We co-organized several workshops co-located with UbiComp, as well as introduced the new concept "eye wear computing" for tracking expertise in a Dagstuhl Seminar http://www.dagstuhl.de/16042 . Dagstuhl Seminars are listed in the Top 200 of Computer Science conferences according to Microsoft Academic Search related to citations and are used to establish novel research directions. The major outcomes of the project are not only research publications (2 journal 1 book chapter, 12 peer-reviewed conference) but also the new formation of a research community.
 
目次

 
キーワード
eye tracking  

wearable computing  

cognitive activity  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2014~2015
課題番号 : 26730095
研究分野 : Eyewear Computing
 
言語
英語  

日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
May 08, 2017 11:08:08  
作成日
Dec 27, 2016 11:19:12  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 8, 2017    概要, フリーキーワード, 抄録, 著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース