慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26462251seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26462251seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :341.5 KB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 79

Total downloads since Sep 21, 2017 : 79
 
タイトル
タイトル 糖尿病を合併した腰部脊柱管狭窄症の病態解明  
カナ トウニョウビョウ オ ガッペイシタ ヨウブ セキチュウカン キョウサクショウ ノ ビョウタイ カイメイ  
ローマ字 Tonyobyo o gappeishita yobu sekichukan kyosakusho no byotai kaimei  
別タイトル
名前 Exploration of the pathology of lumbar spinal canal stenosis associated with diabetes  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 渡邉, 航太  
カナ ワタナベ, コオタ  
ローマ字 Watanabe, Kota  
所属 慶應義塾大学・医学部・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60317170
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
糖尿病を合併した腰部脊柱管狭窄症(狭窄症), および非合併の狭窄症手術例における黄色靭帯のソルビトール濃度は, 有意に糖尿病群でソルビトールが上昇していた。通常のグルコース濃度, 高グルコース濃度で培養を行ったNTH3T3の細胞内のソルビトール含有量は, 高グルコース濃度で有意に高値であった。さらに, このソルビトール量はアルドース還元酵素阻害剤の添加により, 有意に減少した。炎症性サイトカインやpro-fibrotic factors1のmRNAsの発現は, 糖尿病を合併例の黄色靱帯で有意に上昇していた。NIH3T3細胞のWesternブロットによる解析でも同様の結果が出た。
The pathomechanism of the ligamentum flavum (LF) hypertrophy in diabetic patients with lumbar spinal canal stenosis (LSCS) remains unclear. We found that the LF of diabetic patients exhibited significantly higher levels of sorbitol and pro-inflammatory cytokines. The high glucose-cultured fibroblasts exhibited significantly higher levels of sorbitol, pro-inflammatory factors, and TGF-β1 compared to the low glucose-cultured cells, and these levels were dose-dependently reduced by treatment with the aldose reductase inhibitor. Taken together, our data suggests that increased sorbitol levels in the LF of diabetic patients results in increased production of pro-inflammatory and fibrogenic factor, which contribute to LF hypertrophy, and could increase the susceptibility of diabetic patients to LSCS. Furthermore, aldose reductase inhibition effectively reduced the levels of sorbitol and sorbitol-induced pro-inflammatory factor expression in high glucose-cultured fibroblasts.
 
目次

 
キーワード
糖尿病  

腰部脊柱管狭窄症  

アルドース還元酵素阻害剤  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26462251
研究分野 : 脊椎外科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:41:04  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:04  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (365) 1st
2位 新自由主義に抗す... (223)
3位 ロマン主義として... (205)
4位 犯罪とわが国民性 (188)
5位 The practice of ... (183)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 東シナ海の航空交... (422) 1st
2位 オリエンタル銀行... (349)
3位 ジャニーズのアイ... (302)
4位 ODATE GAME : cha... (240)
5位 日本市場における... (197)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース