慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26461594seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26461594seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :284.7 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 53

Total downloads since Nov 12, 2018 : 53
 
タイトル
タイトル 臨床検査応用を目指した小児慢性期CMLに対するフローサイトメトリー法の開発  
カナ リンショウ ケンサ オウヨウ オ メザシタ ショウニ マンセイキ CML ニ タイスル フローサイトメトリーホウ ノ カイハツ  
ローマ字 Rinshō kensa ōyō o mezashita shōni manseiki CML ni taisuru furōsaitometorīhō no kaihatsu  
別タイトル
名前 Flow cytometric analysis to predict prognosis in children with chronic-phase CML treated with imatinib  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 嶋, 晴子  
カナ シマ, ハルコ  
ローマ字 Shima, Haruko  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80424167  

名前 嶋田, 博之  
カナ シマダ, ヒロユキ  
ローマ字 Shimada, Hiroyuki  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80265868  

名前 清河, 信敬  
カナ キヨカワ, ノブタカ  
ローマ字 Kiyokawa, Nobutaka  
所属 国立研究開発法人国立成育医療研究センター・小児血液・腫瘍研究部・部長  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60195401  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
18歳未満の新規慢性期CMLを対象に, 初発時およびTKI治療中の骨髄検体を用いてフローサイトメトリーで細胞表面マーカーを解析した。
診断時およびTKI開始後3か月時の骨髄検体に加え, TKI開始後3か月および18か月時のBCR-ABL/ABL比が得られた27例について解析した。その結果, 初発時骨髄前駆細胞分画におけるGMP優位, およびTKI開始3か月時のLin-CD34+分画中cMpl+分画高値が小児慢性期CMLの新たな予後因子となる可能性が示唆された。フローサイトメトリーは簡便な検査法であり, 広く活用されることが期待される。
Chronic myeloid leukemia (CML) is a clonal myeloproliferative disorder of hematopoietic stem cells (HSCs). This study aimed to investigate novel prognostic factor of CML using flow cytometry. Bone marrow samples of newly diagnosed children with chronic-phase CML were obtained at diagnosis and after imatinib initiation and stained with anti-human CD34, CD38, CD123, CD45RA, cMpl, and lineage antibodies. Flow cytometric analysis revealed that granulocyte macrophage progenitor predominance in CML progenitors at diagnosis and cMpl elevated expression in bone marrow progenitors at 3 months may predict poor outcome in children with chronic-phase CML treated with imatinib. We recommend flow cytometric analysis of bone marrow in the early phase of treatment, as it is a convenient tool that may predict treatment response and CML management.
 
目次

 
キーワード
小児慢性骨髄性白血病  

フローサイトメトリー  

チロシンキナーゼ阻害剤  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2014~2017
課題番号 : 26461594
研究分野 : 小児血液腫瘍
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:12  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:12  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (586) 1st
2位 ダイナミック・ケ... (520)
3位 日本におけるスペ... (416)
4位 ロマン主義として... (356)
5位 新自由主義に抗す... (312)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1840年代三田尻宰... (908) 1st
2位 ジャニーズのアイ... (719)
3位 アルコール発酵の... (682)
4位 中和滴定と酸塩基... (515)
5位 ナイロン66のATR... (482)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース