慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26461197seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26461197seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :190.4 KB
Last updated :Jul 26, 2019
Downloads : 295

Total downloads since Jul 26, 2019 : 295
 
タイトル
タイトル 上下気道におけるステロイド抵抗性獲得機序の解明  
カナ ジョウゲ キドウ ニ オケル ステロイド テイコウセイ カクトク キジョ ノ カイメイ  
ローマ字 Joge kido ni okeru suteroido teikosei kakutoku kijo no kaimei  
別タイトル
名前 Steroid resistance of upper and lower airways  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 福永, 興壱  
カナ フクナガ, コウイチ  
ローマ字 Fukunaga, Koichi  
所属 慶應義塾大学・医学部・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60327517  

名前 有田, 誠  
カナ アリタ, マコト  
ローマ字 Arita, Makoto  
所属 慶應義塾大学・薬学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80292952  

名前 茂呂, 和世  
カナ モロ, カズヨ  
ローマ字 Moro, Kazuyo  
所属 国立研究開発法人理化学研究所・総合生命医科学研究センター・チームリーダー  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90468489  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
今回申請者は本研究を行うにあたり, 好酸球性副鼻腔炎の手術検体や重症喘息患者末梢血から好酸球, Group2自然リンパ球(ILC2s)を採取し検討した。まず各々の細胞を安定して検体から採取する方法を確立した。特に血液中に数が少ないILC2sに関しては一細胞から解析が可能なSingle cell解析法を用いた。これにより健常者と患者の表現型(増殖能やサイトカイン産生能)の違いを明らかにした。また好酸球に関しても網羅的解析を用いて検討したところ健常者に比べ酵素やメディエーターの産生能の違いがあることを明らかにした。ステロイドの抵抗性についても現在検討を重ねており引き続き研究を行っていく予定である。
In conducting our research regarding steroid resistance of upper and lower airways, we collected eosinophils and Group 2 innate lymphoid cells (ILC 2s) from surgical specimens of chronic eosinophilic sinusitis and peripheral blood of severe asthmatic patients and examined them. First, we established a method to collect each cell stably from the specimen and blood. Especially, ILC2s with small number in blood was examined using single cell analysis method which can analyze from one cell. As a result, the difference between the healthy subjects and the patient's phenotype (proliferative ability and cytokine production capacity) has become clear. In addition, eosinophils were also examined using comprehensive analysis and revealed differences in productivity of enzymes and mediators as compared to healthy subjects. We are currently investigating the resistance of steroids of these cells and will continue to conduct current research.
 
目次

 
キーワード
ステロイド抵抗性  

自然免疫リンパ球  

好酸球  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26461197
研究分野 : 喘息
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 26, 2019 09:24:10  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:03  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 26, 2019    著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (396) 1st
2位 ロマン主義として... (364)
3位 日本におけるスペ... (352)
4位 歌舞伎における後... (312)
5位 『慈照院自歌合』... (288)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 日本におけるスペ... (1435) 1st
2位 日本における赤痢... (465)
3位 モスクワオリンピ... (275)
4位 ジャニーズのアイ... (268)
5位 アルコール蒸留の... (243)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース