慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26380615seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26380615seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :133.5 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 27

Total downloads since Nov 12, 2018 : 27
 
タイトル
タイトル 法人税制度と経営者報酬に関する理論的・実証的研究  
カナ ホウジンゼイ セイド ト ケイエイシャ ホウシュウ ニ カンスル リロンテキ・ジッショウテキ ケンキュウ  
ローマ字 Hōjinzei seido to keieisha hōshū ni kansuru rironteki jisshōteki kenkyū  
別タイトル
名前 Theoretical and empirical research in corporate income tax and compensation contracts  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 村上, 裕太郎  
カナ ムラカミ, ユウタロウ  
ローマ字 Murakami, Yutaro  
所属 慶應義塾大学・大学院経営管理研究科・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30434591  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では, 会計利益と課税所得の一致(BTC)の程度が経営者報酬および契約の効率性にどのような影響を与えるかを理論的に検証した。BTCの程度については, 各国さまざまな制度をとっているが, それが望ましいかどうかについて近年論争になっている。分析の結果, BTCを強めると経営者の利益マネジメントを抑制することができるが, 同時にタックス・プランニング活動を阻害してしまうというトレードオフが存在する。さらに, 契約の効率性の観点からは, 会計利益と課税所得は一致させない方が望ましいということがわかった。本研究成果は, 各国の法人税制度を考える上で, 一つの重要な示唆を与えている。
This research investigates how does a degree of book-tax conformity affect manager's compensation contracts. The pros and cons of requiring book-tax conformity have been discussed in many countries for more than half a decade.
In this research, we find that the book-tax conformity prevents the manager from engaging earnings management while it fails to provide an incentive to do tax planning. Therefore, whether the principal raises the bonus coefficient depends on the relative level of production and biasing costs and the tax rate. Our main findings are as follows. The bonus coefficient in the decoupling case is higher than that in the conformity case if the corporate tax rate is high, the biasing cost is relatively small compared to the production cost, and/or manager's degree of risk aversion or cash flow volatility is sufficiently high. Further, principal's utility in the decoupling case is always higher than that in the conformity case.
 
目次

 
キーワード
税務会計  

契約理論  

会計利益と課税所得の一致  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2014~2017
課題番号 : 26380615
研究分野 : 会計
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:11  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:11  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース