慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26380371seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26380371seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :91.6 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 23

Total downloads since Nov 12, 2018 : 23
 
タイトル
タイトル 多様かつ柔軟な労働市場システムのあり方に関する研究  
カナ タヨウ カツ ジュウナンナ ロウドウ シジョウ システム ノ アリカタ ニ カンスル ケンキュウ  
ローマ字 Tayō katsu jūnanna rōdō shijō shisutemu no arikata ni kansuru kenkyū  
別タイトル
名前 Research on diverse and flexible labor market system in Japan  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 山本, 勲  
カナ ヤマモト, イサム  
ローマ字 Yamamoto, Isamu  
所属 慶應義塾大学・商学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20453532
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
研究期間を通じて, 女性活躍推進に関する論文3本, ワークライフバランスと企業業績に関する論文2本, メンタルヘルスに関する論文4本, 人的資源管理に関する論文5本を執筆した。また, 一部の研究成果は『労働時間の経済分析』(共著, 日本経済新聞出版社)や『多様化する日本人の働き方―非正規・女性・高齢者の活躍の場を探る』(共編著, 慶應義塾大学出版会)を公刊した。一連の研究から, ワークライフバランスの実現や女性活躍推進, メンタルヘルスを改善する健康経営などの諸課題は, 共通して長時間労働に象徴される日本の伝統的な働き方と密接に関係しており, 日本的雇用慣行の見直しが多方面から必要とされることが浮き彫りになった。
Throughout the research period, I wrote three papers on promoting female success, two papers on the relationship between work-life balance and corporate performance, four papers on mental health and five papers on human resource management. I also published two books as a co-author: "Economic Analysis of Working Hours" (co-authored by Nikkei Shimbun Publishing Co., Ltd.) and "Diversifying Japanese Working Ways (co- edited, Keio University Press Publication). From a series of research, various issues such as realization of work-life balance, promotion of female success, health management to improve mental health are closely related to the traditional Japanese work style, commonly symbolized by long working hours. It was highlighted that reform of Japanese employment practices is necessary.
 
目次

 
キーワード
ワークライフバランス  

ダイバーシティ  

女性活躍推進  

メンタルヘルス  

人的資源管理  

労働時間  

働き方  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2014~2017
課題番号 : 26380371
研究分野 : 労働経済学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:11  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:11  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (365) 1st
2位 新自由主義に抗す... (223)
3位 ロマン主義として... (205)
4位 犯罪とわが国民性 (188)
5位 The practice of ... (183)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 東シナ海の航空交... (422) 1st
2位 オリエンタル銀行... (349)
3位 ジャニーズのアイ... (302)
4位 ODATE GAME : cha... (240)
5位 日本市場における... (197)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース