慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26350414seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26350414seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :92.0 KB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 255

Total downloads since Sep 21, 2017 : 255
 
タイトル
タイトル 市場不具合の未然防止をねらいとする不具合情報解析と設計段階での品質保証  
カナ シジョウ フグアイ ノ ミゼン ボウシ オ ネライ ト スル フグアイ ジョウホウ カイセキ ト セッケイ ダンカイ デノ ヒンシツ ホショウ  
ローマ字 Shijo fuguai no mizen boshi o nerai to suru fuguai joho kaiseki to sekkei dankai deno hinshitsu hosho  
別タイトル
名前 Data analysis on trouble to prevent trouble in the market and its reflection for quality assurance at design stage  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 山田, 秀  
カナ ヤマダ, シュウ  
ローマ字 Yamada, Shu  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60260965  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では, 市場における品質不具合発生の未然防止をねらいとして, 品質不具合情報を解析し, 設計, 工程管理段階で活用する方法と, 設計段階でコンピュータシミュレーションにより効果的に計画, 活用する方法を開発している。品質不具合の未然防止には, デザインレビューの効果的活用が不可欠であり, これを目的にデザインレビューの項目を確認する方法を導いている。加えて, 品質確保のためにコンピュータシミュレーションへ実験計画法を適用ために, (i) 開発途中のシミュレーションモデルの妥当性検証, (ii) 多数の因子から重要な少数因子の絞込み, (iii) 複雑な応答関数の少数因子による近似方法について検討をしている。
This research proposes an approach to prevent quality problem in the market by analyzing the field quality data and its reflection in design and prototyping stage including design of experiments in computer simulation at design stage. In order to prevent quality problem in the market, the application of design review is crucial. Therefore, this research obtains an approach to reflect the data analysis result to validate items to be reviewed at design review stage. In addition, the following (i)-(iii) are examined as an application of techniques of design of experiments to computer simulation ; (i) validation of developing simulation model ; (ii) screening some active factors from many factors ; (iii) meta-modeling of complicating response function by some active factors.
 
目次

 
キーワード
品質不具合  

シミュレーション計画  

研究開発プロセス  

品質マネジメントシステム  

環境マネジメントシステム  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26350414
研究分野 : 品質管理・実験計画法・データ解析
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:41:00  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース