慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26293248seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26293248seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :286.3 KB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 46

Total downloads since Sep 21, 2017 : 46
 
タイトル
タイトル 先天奇形症候群の大脳皮質発生異常にエピジェネティクス機構が果たす役割に関する研究  
カナ センテン キケイ ショウコウグン ノ ダイノウ ヒシツ ハッセイ イジョウ ニ エピジェネティクス キコウ ガ ハタス ヤクワリ ニ カンスル ケンキュウ  
ローマ字 Senten kikei shokogun no daino hishitsu hassei ijo ni epijenetikusu kiko ga hatasu yakuwari ni kansuru kenkyu  
別タイトル
名前 Roles of epigenetic mechanism on cerebral cortical histogenesis in congenital malformation syndrome  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 高橋, 孝雄  
カナ タカハシ, タカオ  
ローマ字 Takahashi, Takao  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80171495  

名前 小崎, 健次郎  
カナ コサキ, ケンジロウ  
ローマ字 Kosaki, Kenjiro  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30234743  

名前 三橋, 隆行  
カナ ミツハシ, タカユキ  
ローマ字 Mitsuhashi, Takayuki  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80338110  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
遺伝子配列に依存しない蛋白発現機構が神経発生に重要である点が近年注目されている。そこでその主なメカニズムに関与するヒストンアセチル化酵素の異常が大脳皮質発生に与える影響について, 動物モデルでの検討を試みた。さらに本病態の治療薬候補であるヒストン脱アセチル化酵素阻害薬バルプロ酸が大脳皮質発生に与える影響について検討し, 神経前駆細胞の細胞分裂動態の異常により大脳皮質を肥厚化することを明らかにした。
Epigenetic mechanisms that are governed by histone acetylation are considered to have a critical role in neuronal differentiation. In this analysis, we have attempted to generate transgenic mice that would be capable of decreasing an expression level of CBP protein, a causative protein for Rubinstein-Taybi syndrome. In addition, we have analyzed effects of in utero exposure of valproate, a putative candidate for treating Rubinstein-Taybi syndrome, on cerebral cortical histogenesis. Valproate exposure in utero increased the thickness of cerebral cortex by affecting the cell cycle kinetics of neuronal progenitor cells.
 
目次

 
キーワード
神経発生  

大脳皮質  

エピゲノム  

細胞周期  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)(一般)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26293248
研究分野 : 医歯薬学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:41:00  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (396) 1st
2位 ロマン主義として... (364)
3位 日本におけるスペ... (352)
4位 歌舞伎における後... (312)
5位 『慈照院自歌合』... (288)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 日本におけるスペ... (1435) 1st
2位 日本における赤痢... (465)
3位 モスクワオリンピ... (275)
4位 ジャニーズのアイ... (268)
5位 アルコール蒸留の... (243)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース