慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25713035seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25713035seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :89.5 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 209

Total downloads since Jan 6, 2017 : 209
 
タイトル
タイトル 髄鞘を標的とした神経変性疾患・脊髄損傷に対する新規治療戦略に関する研究  
カナ ズイショウ オ ヒョウテキ ト シタ シンケイ ヘンセイ シッカン・セキズイ ソンショウ ニ タイスル シンキ チリョウ センリャク ニ カンスル ケンキュウ  
ローマ字 Zuisho o hyoteki to shita shinkei hensei shikkan sekizui sonsho ni taisuru shinki chiryo senryaku ni kansuru kenkyu  
別タイトル
名前 Research on therapeutic strategies through myelin regeneration for neurodegenerative diseases and spinal cord injury.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 中原, 仁  
カナ ナカハラ, ジン  
ローマ字 Nakahara, Jin  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60537950  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
髄鞘は跳躍伝導と神経保護の二つの観点から中枢神経系において必要不可欠の構造物である。その重要性は多発性硬化症に代表される脱髄疾患の病状からも明らかであるが, 昨今はアルツハイマー病やパーキンソン病, ALSなどの神経変性疾患, 統合失調症や鬱病などの精神神経疾患, 或いは脊髄損傷などの外傷においても, 神経細胞のみならず髄鞘の障害がその病態に深く関与している。
本研究ではこれら病態において今後髄鞘再生医療のなし得る役割について検討を行い, 単に髄鞘再生を誘導するのではなく, 髄鞘生合成を維持する髄鞘脂質供給系を維持すること, 特にアストロサイトのケトン体生合成が重要であろうと推定された。
Myelin is an indispensable architecture of the central nervous system, required for saltatory conduction and for protection of neuronal cells. Clinically speaking, myelin is not only involved in demyelinating diseases such as multiple sclerosis, but also in Alzheimer's disease, Parkinson's disease, neurodegenerative diseases including ALS, psychiatric diseases including schizophrenia and major depression, or in trauma such as spinal cord injury.
In the current study, the role of myelin regeneration in these pathologies has been reconsidered, and we speculate that it is essential not only to solely induce remyelination but also provide a pathway to supply myelin-lipids to enable myelniogenesis, in which astrocytes' ketogenesis may have the most important role.
 
目次

 
キーワード
髄鞘  

オリゴデンドロサイト  

神経変性疾患  

再生医療  

新規治療戦略  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(A)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25713035
研究分野 : 神経内科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:19:01  
作成日
Dec 27, 2016 11:19:01  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース