慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25709024seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25709024seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :652.5 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 132

Total downloads since Jan 6, 2017 : 132
 
タイトル
タイトル 半導体光触媒ナノ構造と水素透過膜の統合による光誘起高純度水素生成  
カナ ハンドウタイ ヒカリ ショクバイ ナノコウゾウ ト スイソ トウカマク ノ トウゴウ ニ ヨル ヒカリ ユウキ コウジュンド スイソ セイセイ  
ローマ字 Handotai hikari shokubai nanokozo to suiso tokamaku no togo ni yoru hikari yuki kojundo suiso seisei  
別タイトル
名前 Photo-induced high-purity hydrogen production by integration of nanostructured semiconductor photocatalysts and hydrogen permeable membranes  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 野田, 啓  
カナ ノダ, ケイ  
ローマ字 Noda, Kei  
所属 慶應義塾大学・理工学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30372569  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
半導体光触媒ナノ構造と水素透過膜から成る二層メンブレンを用いた光誘起高純度水素生成の研究を実施した。まず, 陽極酸化TiO2ナノチューブアレイとパラジウム無電解めっき膜の二層構造を採用し, 全電気化学的手法による膜厚数μm程度の極薄メンブレンの作製条件を見出した。更にメタノールを犠牲剤とした水の光触媒分解による高純度水素生成を実証すると共に, その水素生成速度や実効的な量子収率の評価技術を新たに確立した。また, 酸化鉄ナノチューブアレイに白金を担持した試料に対し, 高真空下での気相メタノール光触媒分解の観察を行った結果, 可視光照射に伴う水素生成を検出し, 気相反応場特有の現象の観測に成功した。
Photo-induced high-purity hydrogen production was investigated by using bilayer membranes composed of nanostructured semiconductor photocatalysts and hydrogen permeable membranes. Firstly, a bilayer structure comprised by anodized TiO2 nanotube array and palladium electroless-plated film was considered, and all electrochemical fabrication of the ultrathin bilayer membranes with a thickness of a few micrometers was established. Then, high-purity hydrogen production from water photolysis with methanol as a sacrificial reagent was demonstrated as well as the establishment of evaluation methods of hydrogen production rate and apparent quantum yield in the bilayer membranes. In addition, gas-phase photocatalysis of methanol over platinum-loaded iron oxide nanotube arrays was examined in high vacuum. As a result, hydrogen production was detected under visible-light illumination, suggesting that some interesting phenomena characteristic of gas-phase photocatalysis were successfully monitored.
 
目次

 
キーワード
半導体ナノ構造  

光触媒  

水素生成  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(A)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25709024
研究分野 : 電子・電気材料工学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:19:00  
作成日
Dec 27, 2016 11:19:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース