慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25462608seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25462608seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :394.0 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 82

Total downloads since Jan 6, 2017 : 82
 
タイトル
タイトル 癌抑制型microRNAを用いた子宮体癌治療 : 抗癌剤感受性増強とExocure  
カナ ガン ヨクセイガタ microRNA オ モチイタ シキュウタイガン チリョウ : コウガンザイ カンジュセイ ゾウキョウ ト Exocure  
ローマ字 Gan yokuseigata microRNA o mochiita shikyutaigan chiryo : koganzai kanjusei zokyo to Exocure  
別タイトル
名前 Endometrial cancer treatment by tumor suppressor microRNA  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 阪埜, 浩司  
カナ バンノ, コウジ  
ローマ字 Banno, Koji  
所属 慶應義塾大学・医学部・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70265875  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
【目的】子宮体癌においてエピジェネティックに発現抑制される癌抑制型microRNAを同定し, microRNAの効果および抗癌剤との併用による抗腫瘍効果を検討する。
【結果】4種の子宮体癌細胞株に対し脱メチル化処理を行った結果, 全ての細胞株に共通して発現上昇するmicroRNAとしてmiR-34bを同定した。また, 子宮体癌細胞株にmiR-34bを導入することにより, コロニー形成能や細胞遊走能の低下が認められた(p<0.05)。さらに, HEC-1Bをヌードマウスの皮下に移植し各薬剤を投与した。その結果, パクリタキセル+miR-34b群は他の群に比し有意に腫瘍径の縮小が認められた(p<0.05)。
[Objective] microRNAs have key roles in the onset, development and drug resistance of cancer. We identified miR-34b as a tumor suppressor-type microRNA with expression that is epigenetically suppressed in endometrial cancer. In this study, the antitumor effect of combined miR-34b and antitumor drugs on endometrial cancer was examined.
[Results] There was no change in cell viability after administration of miR-34b following application of cisplatin or adriamycin to HEC-108, HEC-1B and KLE cells. However, after treatment with paclitaxel, cell viability after administration of miR-34b decreased in all three cell lines. Tumor development occurred 14 days after transplantation of HEC-1B cells in nude mice. Drugs were administered on that day and thereafter. The tumor diameter significantly decreased in mice treated with paclitaxel + miR-34b compared with the results for other treatments (p<0.05).
 
目次

 
キーワード
子宮体癌  

エピジェネティクス  

miR-34b  

メチル化  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25462608
研究分野 : 婦人科腫瘍学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:52  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:52  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース