慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25440114seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25440114seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :159.3 KB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 65

Total downloads since Sep 21, 2017 : 65
 
タイトル
タイトル 大脳皮質形成期における脳室下帯ニューロン移動の分子機構  
カナ ダイノウ ヒシツ ケイセイキ ニ オケル ノウシツ カタイ ニューロン イドウ ノ ブンシ キコウ  
ローマ字 Daino hishitsu keiseiki ni okeru noshitsu katai nyuron ido no bunshi kiko  
別タイトル
名前 Molecular mechanisms underlying neuronal migration during neocortical development  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 廣田, ゆき  
カナ ヒロタ, ユキ  
ローマ字 Hirota, Yuki  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00453548  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
哺乳類大脳皮質発生において, 細胞外糖蛋白質リーリンは受容体ApoER2とVLDLRに結合してシグナルを伝達することによってニューロン移動を制御するが, その作用機構には不明な点が残されている。我々はApoER2ノックアウトマウスにおいて (1) 中間帯でのニューロン移動が障害されること, (2) ニューロンが辺縁帯直下で正常に停止せず辺縁帯内部へ侵入することを見出した。また下流分子を検討し, Rap1, integrin, Aktが辺縁帯下部でのニューロンの移動停止に, Aktが中間帯でのニューロン移動に関与することを明らかにした。これらの結果から, ニューロン移動におけるApoER2の作用機構が明らかになった。
The extracellular protein Reelin sends signals to various downstream molecules by binding to its receptors, ApoER2 and VLDLR and exerts essential roles in the formation of the mammalian layered neocortex. Here, we we found that the neurons ectopically invaded the MZ and that neuronal migration was disrupted in the intermediate zone in the Apoer2 KO mice. Expression of ApoER2 partially but significantly rescued Apoer2 KO phenotype, suggesting that ApoER2 control migratory behavior of neurons by both cell-autonomous and non-cell-autonomous manners. As for cell-autonomous functions, we found that Rap1/integrin α5 and Akt restored the failure of termination of migration beneath the MZ and neuronal migration in the IZ of Apoer2 KO mice. These data indicate that ApoER2 controls multiple processes in neuronal migration, including the early stage of radial migration and termination of migration beneath the MZ in the developing cerebral cortex.
 
目次

 
キーワード
大脳皮質  

層構造  

ニューロン移動  

リーリンシグナル  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2013~2016
課題番号 : 25440114
研究分野 : 神経発生生物学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:40:57  
作成日
Sep 21, 2017 15:40:57  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース