慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25293356seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25293356seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :106.1 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 54

Total downloads since Jan 6, 2017 : 54
 
タイトル
タイトル 抗加齢学的アプローチによる涙液分泌制御機構の解明  
カナ コウカレイガクテキ アプローチ ニ ヨル ルイエキ ブンピ セイギョ キコウ ノ カイメイ  
ローマ字 Kokareigakuteki apurochi ni yoru ruieki bunpi seigyo kiko no kaimei  
別タイトル
名前 Elucidation of the mechanism to control tear secretion by anti-aging approach  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 坪田, 一男  
カナ ツボタ, カズオ  
ローマ字 Tsubota, Kazuo  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40163878  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
加齢および生活習慣病によって誘発されるドライアイの病態解明へ貢献することを目的に生活習慣病を発症するマウスを用いて涙腺組織における加齢関連分子の解明および加齢進行の抑制が期待できる抗酸化作用を有する機能性食品因子の効果を検討した。その結果, 加齢関連分子が生活習慣病発症マウスにおいて有意に低値を示した。また, 機能性食品因子を投与することによって, 涙液分泌量の増加が認められたこと, 分泌関連分子が増加していたことが明らかとなった。以上の結果は, 加齢とドライアイに生活習慣病が密接な関係であることを明らかにし, ドライアイ病態の解明および治療法を開発する上で非常に意義深いと考えられる。
A purpose of this study is to contribute to condition of a patient elucidation of dry eye syndrome caused by aging and a lifestyle-related disease. By using life style-related disease developing mice, we examined the elucidation of age related molecules and effect of the functional foods factor which had the antioxidant action in the lacrimal glands. As a result, aging-related molecules significantly showed a low value in a lifestyle-related disease developing mice. In addition, it became clear that increase in tear secretion volume and secretion-related molecules by giving a functional foods factor. We demonstrated that the aging and dry eye syndrome are a close relationship to a lifestyle-related disease. Our findings should be crucial in condition of a patient elucidation and therapeutic treatment of dry eye syndrome.
 
目次

 
キーワード
ドライアイ  

涙腺  

涙液  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)(一般)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25293356
研究分野 : ドライアイ
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:33  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:33  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース