慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25293178seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25293178seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :213.0 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 280

Total downloads since Jan 6, 2017 : 280
 
タイトル
タイトル CD44バリアント陽性胃がん幹細胞を特異的に検出するPET診断の開発  
カナ CD44 バリアント ヨウセイ イガン カンサイボウ オ トクイテキ ニ ケンシュツスル PET シンダン ノ カイハツ  
ローマ字 CD44 barianto yosei igan kansaibo o tokuiteki ni kenshutsusuru PET shindan no kaihatsu  
別タイトル
名前 Basic study for the development of PET diagnosis specific for CD44 variant-positive gastric cancer stem like cells  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 鈴木, 秀和  
カナ スズキ, ヒデカズ  
ローマ字 Suzuki, Hidekazu  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70255454  

名前 井上, 浩義  
カナ イノウエ, ヒロヨシ  
ローマ字 Inoue, Hiroyoshi  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10213175  

名前 村上, 康二  
カナ ムラカミ, コウジ  
ローマ字 Murakami, Koji  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50200267  

名前 芝田, 晋介  
カナ シバタ, シンスケ  
ローマ字 Shibata, Shinsuke  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70407089  

名前 佐谷, 秀行  
カナ サヤ, ヒデユキ  
ローマ字 Saya, Hideyuki  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80264282  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
CD44v9-MKN28はCD44s-MKN28と比し有意に5-FU耐性を示した。Sulfasalazine投与でCD44v9-MKN28でも5-FUでROSが増えGSHが減少した。Hp曝露でCD44v9-MKN28の浸潤能は有意に亢進した。CD44v9-NCI-N87はtrastuzumab耐性を示し, GSH濃度とMnSOD量が上昇した。XenograftのCD44s-MKN28腫瘍は5-FUで縮小したがCD44v9-MKN28は縮小しなかった。5-FU+sulfasalazineではCD44v9-MKN28腫瘍は有意に縮小した。CD44v9-MKN28腫瘍はHp群で有意に増大した。
1) CD44v9-MKN28 cells were more resistant to 5-FU than CD44s-MKN28. With sulfasalazine, 5-FU enhanced ROS and reduced GSH even in CD44v9-MKN28, suggesting an importance of CD44v9 for 5-FU resistance. 2) Hp exposure significantly enhanced migration of CD44v9-MKN28, indicating that CagA accumulation by autophagy inhibition would accelerate tumor infiltration. 3) Trastuzumab significantly enhanced intramitochondrial MnSOD with the increase of GSH in CD44v9-NCI-N87 cells as compared to NCI-N87. 4) In xenografts, although 5-FU reduced tumor volume of CD44s-MKN28, no reduction of CD44v9-MKN28 was shown. With sulfasalazine, 5-FU significantly reduced tumor volume of CD44v9-MKN28, possibly by inhibiting CD44v9-xCT system, suggesting of xCT as a potential target of CD44v9 (+) cancer stem-like cells. (5) Hp infection expanded xenograft tumor of MNK28-CD44v9 compared to non-infected MNK28-CD44v9 or infected MKN28-CD44s, suggesting the high proliferative activity under CagA accumulation.
 
目次

 
キーワード
CD44v9  

グルタチオン  

酸化ストレス  

シスチントランスポーター  

胃癌幹細胞  

trastuzumab  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)(一般)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25293178
研究分野 : 消化器内科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:32  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:32  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース