慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24790720seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24790720seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :171.9 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 138

Total downloads since Jan 6, 2017 : 138
 
タイトル
タイトル C型肝炎ウイルス特異的CD8T細胞機能不全の網羅的解析  
カナ Cガタ カンエン ウイルス トクイテキ CD8 Tサイボウ キノウ フゼン ノ モウラテキ カイセキ  
ローマ字 Cgata kanen uirusu tokuiteki CD8 Tsaibo kino fuzen no morateki kaiseki  
別タイトル
名前 Comprehensive analysis of dysfunctional HCV specific CD8 T cell during persistent HCV infection  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 石橋, 由佳  
カナ イシバシ, ユカ  
ローマ字 Ishibashi, Yuka  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60528305  

名前 中本, 伸宏  
カナ ナカモト, ノブヒロ  
ローマ字 Nakamoto, Nobuhiro  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40383749  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
C型慢性肝炎患者のHCV特異的CD8 T細胞は, 同一患者のEBVやinfluenza virus特異的CD8 T細胞と比較してPD-1, CTLA-4, LAG-3などの抑制性補助刺激分子の発現が高く一部の細胞は複数の抑制性補助刺激分子の共発現を認めた。特にHCVウイルス量が多いほど, 複数の抑制性補助刺激分子の発現を認めた。興味深いことにPD-1陽性CD8 T細胞は陰性分画と比較して有意にTNFの産生が低くIL10産生が高い傾向にあり, 上記の結果からHCV持続感染により一部のHCV特異的CD8 T細胞は抑制性補助刺激分子の発現を介して免疫寛容に陥っている可能性が示唆された。
Peripheral HCV specific CD8 T cells in patients with chronic HCV infections showed higher expressions of suppressive co-stimulation molecules such as PD-1, CTLA4, and LAG-3 compared with EBV or influenza specific CD8 T cells from the same individuals. HCV specific CD8 T cells in patients with higher viral load tended to express multiple suppressive co-stimulation molecules. Of interest, PD-1 positive HCV specific CD8 T cells produced higher TNFα and lower IL-10 compared with PD-1 negative subsets. There results suggest that HCV specific CD 8 T cells fall to be dysfunctional via the expression of multiple suppressive co-stimulation molecules during persistent HCV infection. Further study is needed to clarify the mechanism behind the immune tolerance in the liver and to overcome the HCV infection in humans.
 
目次

 
キーワード
C型肝炎ウイルス  

T細胞疲弊  

獲得免疫  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2012~2015
課題番号 : 24790720
研究分野 : 肝臓免疫
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:24  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:24  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース