慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24790591seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24790591seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :203.8 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 819

Total downloads since Dec 11, 2014 : 819
 
タイトル
タイトル インジウム等重金属曝露作業者における酸化ストレスマーカーとの量影響関係  
カナ インジウムトウ ジュウキンゾク バクロ サギョウシャ ニ オケル サンカ ストレス マーカー トノ リョウ エイキョウ カンケイ  
ローマ字 Injiumuto jukinzoku bakuro sagyosha ni okeru sanka sutoresu maka tono ryo eikyo kankei  
別タイトル
名前 Dose-effect relationship between heavy-metal exposure levels and oxidative stress markers in heavy-metal exposed workers  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 岩澤, 聡子  
カナ イワサワ, サトコ  
ローマ字 Iwasawa, Satoko  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10570369  

名前 大前, 和幸  
カナ オオマエ, カズユキ  
ローマ字 Omae, Kazuyuki  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60118924  

名前 中野, 真規子  
カナ ナカノ, マキコ  
ローマ字 Nakano, Makiko  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70384906  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究の目的は、重金属曝露作業者における酸化ストレスマーカーとの量影響関係を検討することである。対象は、二次鉛精錬工場における男性作業者27名と、金属インジウムおよびインジウム化合物作業者59名であった。曝露指標として、血中鉛(Pb-B)と血清インジウム(In-S)濃度を用いた。影響指標としては、リン脂質で過酸化を受け合成する8-iso-PGF、およびDNAの酸化損傷指標8-OHdGを、生体内の酸化ストレスマーカーとして用いた。鉛曝露作業者において曝露と尿中8-iso-PGFおよび尿中8-OHdGとの量影響関係を明らかにすることができたが、インジウム曝露との間では関連が示されなかった。
The aim of this study was to investigate the dose-effect relationships between heavy metal exposure and oxidative stress markers.  The subjects were 27 male workers in a lead secondary smelting factory, and 59 workers exposed to indium metal or indium compounds. Lead in whole blood (Pb-B) or indium in serum (In-S) was measured as an exposure index of lead or indium.  Urinary 8-hydroxydeoxyguanosine (8-OHdG) and urinary 8-isoprostaglandin F2 alpha(8-iso-PGF) were determined as a DNA peroxidation stress marker and as a cell membrane peroxidation stress biomarker. Significant exposure-effect relationships were observed between Pb-B and 8-OHdG, and between Pb-B and 8-iso-PGF. Lead exposure may induce peroxidation stress on DNA and cell membrane lipid. Conversely, there were no significant relationships between In-S and two biomarkers.
 
目次

 
キーワード
産業中毒  

酸化ストレスマーカー  

血液中鉛  

血清インジウム  

量影響関係  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2012~2013
課題番号 : 24790591
研究分野 : 医歯薬学
科研費の分科・細目 : 社会医学・衛生学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:40:18  
作成日
Dec 11, 2014 11:40:18  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース