慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24730201seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24730201seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :133.3 KB
Last updated :Apr 11, 2016
Downloads : 402

Total downloads since Apr 11, 2016 : 402
 
タイトル
タイトル 日本の産業構造の経済分析 : 国際貿易論にもとづくアプローチ  
カナ ニホン ノ サンギョウ コウゾウ ノ ケイザイ ブンセキ : コクサイ ボウエキロン ニ モトズク アプローチ  
ローマ字 Nihon no sangyo kozo no keizai bunseki : kokusai boekiron ni motozuku apurochi  
別タイトル
名前 The paths of development in Japan from the viewpoint of international trade theory  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 清田, 耕造  
カナ キヨタ, コウゾウ  
ローマ字 Kiyota, Kozo  
所属 慶應義塾大学・産業研究所・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10306863  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は, 日本の産業構造を規定する要因を, 国際貿易論にもとづき, 実証的に明らかにしようと試みたものである。本研究では, Kiyota(2012, JIE)の研究を発展させ, 日本の産業構造の規定要因を明らかにしようと試みた。分析の主要な結果のひとつは, 日本の要素賦存の変化と産業構造の変化の間に系統的な関係があることというものである。具体的には, 資本蓄積に伴い, より資本集約的な財の生産へと生産パターンがシフトしていくというものである。この結果は, 要素賦存の変化が産業構造の変化に影響していることを示唆しており, 日本の「雁行形態」的産業発展を貿易理論の視点から確認するものである。
In this project, I examined empirically how the multiple-cone version of the Heckscher-Ohlin (HO) model fits the "flying geese" patterns of industrial development: a series of industries appear, prosper, then decline and finally disappear one after another. Using Japanese manufacturing data from 1975 to 2006, I estimate the system of non-linear equations like Kiyota (2012, JIE). The results showed that the multiple-cone model fits well with the flying geese patterns of Japanese industrial development. The result suggests that part of the industrial upgrading can be explained by the multiple-cone HO model. This also implies that an underlying mechanism of macroeconomic growth is industrial upgrading, part of which can be attributed to capital accumulation.
 
目次

 
キーワード
国際貿易  

産業構造  

ヘクシャー=オリーン・モデル  

要素賦存  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24730201
研究分野 : 国際経済学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 11, 2016 09:42:46  
作成日
Apr 11, 2016 09:42:46  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (396) 1st
2位 ロマン主義として... (364)
3位 日本におけるスペ... (352)
4位 歌舞伎における後... (312)
5位 『慈照院自歌合』... (288)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 日本におけるスペ... (1435) 1st
2位 日本における赤痢... (465)
3位 モスクワオリンピ... (275)
4位 ジャニーズのアイ... (268)
5位 アルコール蒸留の... (243)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース