慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24680029seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24680029seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :247.4 KB
Last updated :Apr 11, 2016
Downloads : 297

Total downloads since Apr 11, 2016 : 297
 
タイトル
タイトル 創造的表現と鑑賞における身体性ダイナミクス : 脳活動計測と動作計測による検討  
カナ ソウゾウテキ ヒョウゲン ト カンショウ ニ オケル シンタイセイ ダイナミクス : ノウ カツドウ ケイソク ト ドウサ ケイソク ニ ヨル ケントウ  
ローマ字 Sozoteki hyogen to kansho ni okeru shintaisei dainamikusu : no katsudo keisoku to dosa keisoku ni yoru kento  
別タイトル
名前 Embodiment dynamics in artistic expression and appreciation : functional brain imaging and psychological experiments studied by motion mesurement  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 川畑, 秀明  
カナ カワバタ, ヒデアキ  
ローマ字 Kawabata, Hideaki  
所属 慶應義塾大学・文学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70347079  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は3次元動作計測を含む心理学実験, 脳刺激実験, fMRIを含む脳機能画像法を用いて, 創造的表現と観賞に関する脳内過程と心理過程およびそれらに及ぼす身体性や感覚性の影響について明らかにした。心理学実験による研究では, 美的評価や魅力認知, 身体感覚を含めた多感覚情報処理などについて検討し, 特に絵画表現と観賞評価に関する基礎的知見を得ることができた。脳変容実験による研究では, tDCSによる脳刺激によって美的評価が変化することやその変容効果が翌日にも持ち越されることが明らかになった。さらにfMRIによる安静時脳活動計測で脳領域間の機能結合と美的センスや表現活動, 観賞行動等との関係を検討した。
In this study project, we investigated neural and psychological processing affected by sensory and somatic factors in artistic expression and appreciation, using psychological experiments including 3D motion capture system, brain modulation by a transcranial direct-current stimulation, and functional brain imaging methods including EEG and fMRI. In psychological study, we conducted experiments examining aesthetic evaluation, attractiveness cognition, and multimodal sensory integration, related with artistic expression and appreciation, and obtained lots of findings which is to advance experimental aesthetics. Moreover, using a tDCS, we found that aesthetic evaluation could change positively and negatively by stimulating frontal and somatomotor areas in human brain and lasted in next day. Furthermore, using a fMRI, we studied relation between brain functional connectivity measured by resting-state brain, and human aesthetic sense related with artistic expression and appreciation.
 
目次

 
キーワード
感性  

観賞  

美的判断  

身体性  

脳刺激法  

脳機能画像法  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(A)
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24680029
研究分野 : 認知神経科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 11, 2016 09:42:46  
作成日
Apr 11, 2016 09:42:46  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (396) 1st
2位 ロマン主義として... (364)
3位 日本におけるスペ... (352)
4位 歌舞伎における後... (312)
5位 『慈照院自歌合』... (288)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 日本におけるスペ... (1435) 1st
2位 日本における赤痢... (465)
3位 モスクワオリンピ... (275)
4位 ジャニーズのアイ... (268)
5位 アルコール蒸留の... (243)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース