慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24592649seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24592649seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :98.3 KB
Last updated :Apr 11, 2016
Downloads : 303

Total downloads since Apr 11, 2016 : 303
 
タイトル
タイトル 糖尿病網膜症におけるAMPKの役割  
カナ トウニョウビョウ モウマクショウ ニ オケル AMPK ノ ヤクワリ  
ローマ字 Tonyobyo momakusho ni okeru AMPK no yakuwari  
別タイトル
名前 Roles of AMP-activated protein kinase in diabetes-induced retinal inflammation.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 持丸, 博史  
カナ モチマル, ヒロシ  
ローマ字 Mochimaru, Hiroshi  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90424168  

名前 永井, 紀博  
カナ ナガイ, ノリヒロ  
ローマ字 Nagai, Norihiro  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10327611  

名前 小沢, 洋子  
カナ オザワ, ヨウコ  
ローマ字 Ozawa, Yoko  
所属 慶應義塾大学医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90265885  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
糖尿病網膜症の病態には炎症が大きく関与し, 抗炎症因子の活性低下が関与する可能性があり, 細胞のエネルギー状態により制御されるAMP activated protein kinase(AMPK)は糖尿病網膜症の病態に関与する可能性がある。申請者らは糖尿病モデルマウスとしてストレプトゾトシン誘導1型モデルマウスを作製し, 網膜組織内のAMPKレベルが低下すること, および糖尿病モデルマウスでは白血球接着が亢進することを見出した。そして, AMPK活性化剤であるレスベラトロールを投与した際の病態予防効果を見あることを見出した。
The streptozotocin-induced diabetes were treated with resveratrol orally at 50 mg/kg for 7 days or with AICAR intraperitoneally at 100 mg/kg 24 hours before death. Induction of diabetes in mice led to retinal AMPK dephosphorylation, which was significantly reversed by either resveratrol or AICAR. Either resveratrol or AICAR significantly reversed SIRT1 deactivation and NF-κB phosphorylation, both of which were induced in the diabetic retina. Administration of resveratrol to diabetic mice significantly reduced diabetes-induced retinal leukocyte adhesion, together with retinal expression of ICAM-1 and VEGF. The present findings reveal that diabetes-induced retinal inflammation stems from downregulation of the AMPK pathway, leading subsequently to SIRT1 deactivation and NF-κB activation. The data also suggest the potential use of the AMPK activator resveratrol as a therapeutic agent for diabetic retinopathy.
 
目次

 
キーワード
網膜  

糖尿病  

炎症  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24592649
研究分野 : 眼科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 11, 2016 09:39:55  
作成日
Apr 11, 2016 09:39:55  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース