慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24310034seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24310034seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :250.9 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 102

Total downloads since Jan 6, 2017 : 102
 
タイトル
タイトル モンゴルにおける気候変動早期適応のためのマルチエージェントシステムの開発と実験  
カナ モンゴル ニ オケル キコウ ヘンドウ ソウキ テキオウ ノ タメ ノ マルチエージェント システム ノ カイハツ ト ジッケン  
ローマ字 Mongoru ni okeru kiko hendo soki tekio no tame no maruchiejento shisutemu no kaihatsu to jikken  
別タイトル
名前 Development of a multi-agent system for early adaptation to climate change in Mongolia  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 厳, 網林  
カナ ゲン, モウリン  
ローマ字 Yan, Wanglin  
所属 慶應義塾大学・環境情報学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10255573  

名前 丹治, 三則  
カナ タンジ, カズノリ  
ローマ字 Tanji, Kazunori  
所属 慶應義塾大学・環境情報学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90397711  

名前 渡邊, 正孝  
カナ ワタナベ, マサタカ  
ローマ字 Watanabe, Masataka  
所属 慶應義塾大学・政策・メディア研究科・特任教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20132827  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は牧草・気象データベースであるGLEWS(Global Livestock Early Warning System)をベースに, ソムレベルの空間データベースと地理的加重回帰モデルを構築して家畜の大量死を分析した。モンゴル高原における家畜の大量死は慢性的な過放牧を起因とする社会的現象であり, 異常気象の影響は主要因ではないことを結論づけた。この知見を踏まえて, 住民による早期適応を支援するために気象予報・牧草分布の情報をSMSベースのツールを開発し, 定期的に遊牧民の携帯電話に配信し, システムの有効性が確認された。この成果をベースにマルチエージェントによる家畜管理と肉流通システムを提案した。
This study aims to 1) clarify main factors on extreme events on livestock loss in Mongolia named dzud, 2) develop a system to provide its information to local herders, 3) verify its role of the system through implementation of the mobile-phone based information providing system on herders society, and 4) consideration of economic-sustainable pastoral system to connect between herders society and capital city through multi-agent based system. The results of 1) concluded that massive livestock losses at major dzud areas in Mongolia were not the climate-driven but overgrazing-driven social-phenomena. This study developed a SMS based information system in Mongolia, which successfully implemented to deliver weather and forage information weekly. The system efficiently supported the decisions of herders in seasonal migration and fodder preparation for severe weather conditions. Based on the result we proposed a multi-agent based livestock management and meat distribution system for Mongolia.
 
目次

 
キーワード
気候変動  

ゾド  

早期適応  

モンゴル  

地理加重モデリング  

GLEWS  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)(一般)
研究期間 : 2012~2015
課題番号 : 24310034
研究分野 : 地理情報科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:19  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:19  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース