慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23730249seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23730249seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :147.9 KB
Last updated :Apr 8, 2016
Downloads : 257

Total downloads since Apr 8, 2016 : 257
 
タイトル
タイトル 国際工程間分業と企業の異質性を考慮した直接投資モデルの構築、および実証分析  
カナ コクサイ コウテイカン ブンギョウ ト キギョウ ノ イシツセイ オ コウリョシタ チョクセツ トウシ モデル ノ コウチク, オヨビ ジッショウ ブンセキ  
ローマ字 Kokusai koteikan bungyo to kigyo no ishitsusei o koryoshita chokusetsu toshi moderu no kochiku, oyobi jissho bunseki  
別タイトル
名前 Heterogeneous impact of trade liberalization on vertical FDI : evidence from Japanese firm-level data  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 松浦, 寿幸  
カナ マツウラ, トシユキ  
ローマ字 Matsuura, Toshiyuki  
所属 慶應義塾大学・産業研究所・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20456304
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本論文は, 近年, 比較的生産性の低い企業が途上国に進出している事実に注目し, その理由を明らかにしようとするものである。本論文では, まず, 途上国で広くみられる国際分業を伴う海外直接投資を念頭にした簡単な理論モデルを提示し, 自国と外国の間で要素価格差がみられ, また, 貿易自由化などにより貿易コストがさらに低下するとき, 海外直接投資を実行可能とする生産性のカットオフ水準が低下し, 生産性が中程度の企業も海外直接投資を開始するという含意を導いた。実証分析では, 日本企業の東アジア向けの海外直接投資に注目し, 上記のメカニズムが成立しているかを確認した。
This paper empirically explores the reason why a recent surge of foreign direct investment (FDI) to developing countries has been mainly driven by less productive firms. To this end, we present a simple model of FDI with vertical division of labor in a heterogeneous firm framework. From a theoretical point of view, in countries with low unskilled worker wages and low trade costs, firms with high productivity invest abroad and engage in international division of labor. Moreover, if trade costs have further reduced, the productivity cut-off level becomes lower and firms within the middle range of productivity will start investing in low wage countries. Our empirical analysis using logit estimation or a multinomial logit model of Japanese firms' FDI choices reveals that a reduction in tariff rates attracts even less productive vertical foreign direct investment (VFDI) firms. This result is consistent with a different definition of VFDI.
 
目次

 
キーワード
貿易自由化  

経済政策  

海外直接投資  

生産性  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2011~2014
課題番号 : 23730249
研究分野 : 国際経済学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 08, 2016 16:56:04  
作成日
Apr 08, 2016 16:56:04  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 自由民主党と日中... (410) 1st
2位 心理尺度の回答カ... (408)
3位 汎心論と物理主義 (290)
4位 独占禁止法制にお... (202)
5位 犯罪とわが国民性 (196)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 現住建造物等放火... (578) 1st
2位 ジャニーズのアイ... (531)
3位 中和滴定と酸塩基... (364)
4位 アセトアニリドの... (311)
5位 アルコール発酵の... (302)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース