慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23520181seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23520181seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :300.1 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 215

Total downloads since Dec 11, 2014 : 215
 
タイトル
タイトル 舞踏研究の国際的再検証と基盤構築  
カナ ブトウ ケンキュウ ノ コクサイテキ サイケンショウ ト キバン コウチク  
ローマ字 Buto kenkyu no kokusaiteki saikensho to kiban kochiku  
別タイトル
名前 Examination and construction of the international basis of Butoh studies  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小菅, 隼人  
カナ コスゲ, ハヤト  
ローマ字 Kosuge, Hayato  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40248993  

名前 本間, 友  
カナ ホンマ, ユウ  
ローマ字 Honma, Yu  
所属 慶應義塾大学・文学部・講師(非常勤)  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00650003  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
研究期間を通じて「舞踏研究の国際的再検証と基盤構築」を推進するべく、海外の現状についての情報収集を積極的に行い、日本における舞踏の展開について国内外の学会や研究集会で情報発信を行った。これによって、ヨーロッパ、アメリカ、アジアにおいて、舞踏の発生から今日に至るまでの過程が発信されると共に、舞踏研究の国際基盤の必要性についての認識が共有された。また、単に舞踏が日本発の前衛パーフォーマンスとして認知されるだけではなく、アカデミズムの中での舞踏研究の国際基盤の構築の展望が見えた。さらに、1970年の舞踏の新資料を発掘し国際公開することで、舞踏研究の方法論を国際的な場で具体的に示すことができた。
Pursuing the research subject "Examination and Construction of the International Basis of Butoh Studies," we have collected the information on the present situation and accumulation of Butoh research of foreign countries, and we have shared the basic information on the making of Butoh performance and our own situation on the academic achievements in Japan in the several international conferences. According to our effort of information sharing, Butoh researchers in Asia, Europe and America got recognized the making and development of Butoh performance, and we have been able to get the perspective of making Butoh researchers' network in international basis.  In addition, we proposed one of the research methods through the process of discovering the new material and reconstructing Butoh performance in 1970.
 
目次

 
キーワード
舞踏  

パーフォーマンス  

東北  

現代芸術  

土方巽  

大阪万博  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2011~2013
課題番号 : 23520181
研究分野 : 人文学
科研費の分科・細目 : 芸術学・芸術学・芸術史・芸術一般
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:29:55  
作成日
Dec 11, 2014 11:29:55  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース