慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23240053seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23240053seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :543.5 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 225

Total downloads since Jan 6, 2017 : 225
 
タイトル
タイトル シナプス可塑性を支える新しいAMPA受容体輸送制御機構の解明  
カナ シナプス カソセイ オ ササエル アタラシイ AMPA ジュヨウタイ ユソウ セイギョ キコウ ノ カイメイ  
ローマ字 Shinapusu kasosei o sasaeru atarashii AMPA juyotai yuso seigyo kiko no kaimei  
別タイトル
名前 Molecular mechanisms underlying AMPA receptor trafficking during synaptic plasticity  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 柚崎, 通介  
カナ ユザキ, ミチスケ  
ローマ字 Yuzaki, Michisuke  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40365226  

名前 幸田, 和久  
カナ コウダ, カズヒサ  
ローマ字 Koda, Kazuhisa  
所属 慶應義塾大学・医学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40334388  

名前 掛川, 渉  
カナ カケガワ, ワタル  
ローマ字 Kakegawa, Wataru  
所属 慶應義塾大学・医学部・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70383718  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
シナプス伝達の長期抑圧(LTD)現象は記憶・学習の基礎過程であり, シナプス後膜におけるAMPA受容体の減少によって起きる。LTDは, 1) AMPA受容体を足場分子から外す, 2) AMPA受容体をエンドサイトーシスする, の2つの過程からなる。これまで後者の過程を担う機構はよく分かっていなかった。また小脳LTDになぜデルタ2型グルタミン酸受容体(GluD2)が必要なのかも謎であった。今回の研究により, GluD2はAMPA受容体の足場タンパク質からの外れやすさを調節することが判明した。また神経活動に応じてエンドサイトーシスに必要な分子AP-2が集積しAMPA受容体と結合することが分かった。
It is believed that long-term depression (LTD) is mediated by AMPA receptor endocytosis at the postsynaptic site. During LTD, AMPA receptors are first liberated from their anchoring proteins at the postsynaptic site, diffuse to the perisynaptic site, where endocytosis takes place. However how AMPA receptors are selectively endocytosed remained largely unclear. In addition, it has been a mystery why the delta2 glutamate receptor (GluD2) is crucial for induction of cerebellar LTD. In this study, we found that GluD2 determined whether anchoring proteins were dissociated from AMPA receptors. In addition, we found how clathrin adaptor protein AP-2, an essential molecule for clathrin-dependent endocytosis, accumulated at the perisynaptic site and recognized the AMPA receptor complex during LTD.
 
目次

 
キーワード
グルタミン酸受容体  

エンドサイトーシス  

小脳  

シナプス可塑性  

プルキンエ細胞  

LTD  

AMPA受容体  

マウス  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(A)(一般)
研究期間 : 2011~2015
課題番号 : 23240053
研究分野 : 神経生物学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:18  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:18  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース