慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K12911seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K12911seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :472.7 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 11

Total downloads since Oct 31, 2019 : 11
 
タイトル
タイトル タンパク質を中心とした栄養バランスと質の違いによる胆汁酸 : 腸内細菌相互作用解明  
カナ タンパクシツ オ チュウシン ト シタ エイヨウ バランス ト シツ ノ チガイ ニ ヨル タンジュウサン : チョウナイ サイキン ソウゴ サヨウ カイメイ  
ローマ字 Tanpakushitsu o chūshin to shita eiyō baransu to shitsu no chigai ni yoru tanjūsan : chōnai saikin sōgo sayō kaimei  
別タイトル
名前 Different amino acids quality and quantity and metabolic syndrome : interaction between bile acids and microbiota  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 横山, 葉子  
カナ ヨコヤマ, ヨウコ  
ローマ字 Yokoyama, Yōko  
所属 慶應義塾大学・政策・メディア研究科 (藤沢)・特任助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10617244  

名前 渡辺, 光博  
カナ ワタナベ, ミツヒロ  
ローマ字 Watanabe, Mitsuhiro  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前 福田, 真嗣  
カナ フクダ, シンジ  
ローマ字 Fukuda, Shinji  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前 冨田, 勝  
カナ トミタ, マサル  
ローマ字 Tomita, Masaru  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前 本多, 彰  
カナ ホンダ, アキラ  
ローマ字 Honda, Akira  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  
publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
エネルギー源となる栄養素の最適なバランスは明らかになっていない。ヒトの臨床研究のメタアナリシスではタンパク質増加による顕著な代謝疾患改善効果は確認されなかった。実験動物での研究の結果、タンパク質低下により代謝疾患改善効果が確認された。メカニズム解明のため、胆汁酸組成、腸内細菌叢、腸内細菌叢代謝産物、網羅的遺伝子発現解析を実施した。タンパク質低下群では腸内細菌叢解析および代謝産物解析の結果、腸内細菌叢の変動および盲腸内容物中に抗老化物質の増加が見られ、栄養バランスの変動により約30種類胆汁酸組成・腸内細菌叢・胆汁酸シグナル応答性における差異および複雑な関連性が明らかになった。
The optimal balance of nutrient sources of energy has not been clarified. The meta-analysis did not confirm the metabolic disease improvement effect by higher protein diet. As a result of research on experimental animals, metabolic diseases were improved by lower protein diet. Bile acid composition, intestinal microbiota, metabolites, and microarray were performed to clarify the mechanism. In the lower protein group, brown adipose tissue function were improved. In the lower protein group, as a result of microbiota and metabolite analysis, anti-aging substance in cecal contents were increased. Differences and complex associations between 30 kinds of bile acids composition and microbiota by nutrient balance were clarified.
 
目次

 
キーワード
胆汁酸  

栄養バランス  

腸内細菌  

糖尿病  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2017~2018
課題番号 : 17K12911
研究分野 : 栄養疫学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 16:40:04  
作成日
Oct 31, 2019 11:11:11  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
Oct 31, 2019    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,著者 著者ID,抄録 内容,注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース