慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K20205seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K20205seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :335.2 KB
Last updated :Jul 30, 2019
Downloads : 66

Total downloads since Jul 30, 2019 : 66
 
タイトル
タイトル スタチン製剤を卵巣癌抑制薬として用いる臨床応用のための基礎的研究  
カナ スタチン セイザイ オ ランソウガン ヨクセイヤク トシテ モチイル リンショウ オウヨウ ノ タメ ノ キソテキ ケンキュウ  
ローマ字 Sutachin seizai o ransōgan yokuseiyaku toshite mochiiru rinshō ōyō no tame no kisoteki kenkyū  
別タイトル
名前 Translational research for clinical application using statins as a prevention drugs against ovarian cancer  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小林, 佑介  
カナ コバヤシ, ユウスケ  
ローマ字 Kobayashi, Yusuke  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10439763  

名前 阪埜, 浩司  
カナ バンノ, コウジ  
ローマ字 Banno, Koji  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  

名前 冨永, 英一郎  
カナ トミナガ, エイイチロウ  
ローマ字 Tominaga, Eiichiro  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  

名前 國富, 晴子  
カナ クニトミ, ハルコ  
ローマ字 Kunitomi, Haruko  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
スタチン製剤は, ファルネシル転移酵素およびゲラニルゲラニル転移酵素を含めたメバロン酸合成経路を阻害することだけでなく, その他の作用経路により多面的効果を示し抗腫瘍効果を発揮していることが示唆された。また, スタチン製剤が投与された卵巣癌細胞株において, フェニルアラニン, メチオニン, トリプトファン, バリン, アセチル補酵素AなどのTCA回路に関わる代謝物が増加する一方で, 嫌気的解糖経路の最終産物である乳酸が減少していた。スタチン製剤がワールブルク効果を回避し, TCA回路を活性化させミトコンドリアでの酸化的リン酸化にシフトさせている可能性が示唆された。
Statins exerts the antitumor effect by not only inhibiting the mevalonate synthesis pathway including the farnesyl transferase and geranylgeranyl transferase but also showing pleiotropic effect on other action pathways. Furthermore, in the statin mediated ovarian cancer cell line, metabolites related to the TCA circuit such as phenylalanine, methionine, tryptophan, valine, acetyl coenzyme A were increased, whereas the final product of the anaerobic glycolytic pathway lactic acid was reduced. It is suggested that the statin administration interferes the Warburg effect and activates the TCA cycle and shifts it to oxidative phosphorylation in mitochondria.
 
目次

 
キーワード
卵巣癌  

創薬  

ドラッグリポジショニング  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2016~2017
課題番号 : 16K20205
研究分野 : 婦人科腫瘍学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 30, 2019 16:04:32  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:05  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
Jul 30, 2019    著者 著者ID,出版地 場所,出版者 名前,出版者 カナ,出版者 ローマ字,日付 出版年(from:yyyy),日付 出版年(to:yyyy),日付 作成日(yyyy-mm-dd),日付 記録日(yyyy-mm-dd),形態,上位タイトル 名前,上位タイトル 翻訳,上位タイトル 巻,上位タイトル 号,上位タイトル 年,上位タイトル 開始ページ,上位タイトル 終了ページ,ISSN,URI を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース