慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K11154seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K11154seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.8 MB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 13

Total downloads since Oct 31, 2019 : 13
 
タイトル
タイトル エピゲノム異常を標的とした子宮内膜癌の新たな診断・治療法の探索  
カナ エピゲノム イジョウ オ ヒョウテキ ト シタ シキュウ ナイマクガン ノ アラタナ シンダン・チリョウホウ ノ タンサク  
ローマ字 Epigenomu ijō o hyōteki to shita shikyū naimakugan no aratana shindan chiryōhō no tansaku  
別タイトル
名前 The study of novel diagnosis and treatment for endometrial cancer targeting aberrant DNA methylation  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 阪埜, 浩司  
カナ バンノ, コウジ  
ローマ字 Banno, Kōji  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町)・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70265875  
publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
(1)腫瘍部において異常高メチル化を認める子宮内膜癌患者と認めない子宮内膜癌患者の末梢血DNAにおける遺伝子プロモーター領域のメチル化をゲノムワイドに比較した結果、Differentially Methylated CpG (DMC) およびDifferentially Methylated Region (DMR)としてmiR-663aを同定した。(2) プロゲスチン製剤および2型糖尿病薬を併用することにより、子宮内膜癌細胞に対し殺細胞効果が認められることをin vitroおよびin vivo実験にて明らかにした。
(1) Based on genome-wide bisulfite sequencing, peripheral blood cells(PBCs) DNA in M-H cases had significant hypermethylation in the miR-663a promoter region, compared to U cases (meth. Diff. > 25%, q-value < 0.01). Consistent with this methylation status, miR-663a expression was lower in M-H PBCs than in U PBCs. DNMTs expression levels in M-H endometrial cancer were higher than those in U endometrial cancer. (2) Metformin had a dose-dependent anticancer effect on endometrial cancer cell lines. Moreover, the combined treatment also caused lower cell viability.The microarray analysis indicated that EDN2 expression was upregulated in cells subject to the combined treatment. EDN2 expression was upregulated in each cell line upon treatment with a demethylating agent.
 
目次

 
キーワード
子宮内膜癌  

異常メチル化  

miR-663a  

メトホルミン  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16K11154
研究分野 : 婦人科腫瘍学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:11:03  
作成日
Oct 31, 2019 11:11:03  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース