慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K00139seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K00139seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :357.8 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 14

Total downloads since Oct 31, 2019 : 14
 
タイトル
タイトル 超分散仮想ネットワークデバイス構成技術の研究  
カナ チョウブンサン カソウ ネットワーク デバイス コウセイ ギジュツ ノ ケンキュウ  
ローマ字 Chōbunsan kasō nettowāku debaisu kōsei gijutsu no kenkyū  
別タイトル
名前 The highly distributed network device technologies  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 岡本, 聡  
カナ オカモト, サトル  
ローマ字 Okamoto, Satoru  
所属 慶應義塾大学・理工学研究科 (矢上) ・特任教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10449027  

名前 山中, 直明  
カナ ヤマナカ, ナオアキ  
ローマ字 Yamanaka, Naoaki  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80383983  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
情報通信基盤の堅牢化においては、仮想ネットワークを提供するための"機能"を提供する仮想マシン (VM) を自由に移動させるVMマイグレーションが必要となるが、ネットワーク機能提供のためには多数のインタフェイスをVMに具備させることが要求されるため、現在の技術では多数のインタフェイスの接続関係を保持したままサービス断無くマイグレーションを実行することは困難であった。
本研究では、分散仮想ネットワークデバイスであるAtomic NFV (Network Functions Virtualization) を適用し、Atomic NFVを利用することでサービス断を200 ms以下に抑えることに成功した。
In order to make the information and communication technology (ICT) infrastructure robust, the Virtual Machine (VM) migration technology is a very important technology.
A VM provides "function" for providing a network virtualization environment and the VM can be moved freely in the network infrastructure for providing flexibility into the ICT. Since it is required to equip many interfaces to the VM for the network virtualization, it is difficult for the current technology to execute migration without service interruption while maintaining the connection relationship of a large number of interfaces.
In this research, we applied Atomic NFV (Network Functions Virtualization), which provides a distributed virtual network device, and succeeded in suppressing service interruption to 200 ms or less by using Atomic NFV.
 
目次

 
キーワード
ネットワーク機能仮想化  

ネットワーキング  

機能分割  

モジュラールータ  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16K00139
研究分野 : 情報通信工学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 16:09:21  
作成日
Oct 31, 2019 11:01:04  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
Oct 31, 2019    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容,注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース