慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16H05453seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16H05453seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :248.8 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 19

Total downloads since Oct 31, 2019 : 19
 
タイトル
タイトル オーダーメード医療を目指した思春期特発性側弯症の発症・進行予測モデルの確立  
カナ オーダーメード イリョウ オ メザシタ シシュンキ トクハツセイ ソクワンショウ ノ ハッショウ・シンコウ ヨソク モデル ノ カクリツ  
ローマ字 Ōdāmēdo iryō o mezashita shishunki tokuhatsusei sokuwanshō no hasshō shinkō yosoku moderu no kakuritsu  
別タイトル
名前 Establishment of prediction model of onset and progression of adolescent idiopathic scoliosis for personalized medicine  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 松本, 守雄  
カナ マツモト, モリオ  
ローマ字 Matsumoto, Morio  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40209656  

名前 渡邉, 航太  
カナ ワタナベ, コウタ  
ローマ字 Watanabe, Kōta  
所属 慶應義塾大学・医学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60317170  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
我々は、思春期特発性側弯症 (以下、AIS) の遺伝的背景を明らかにするため、遺伝統計学的手法であるゲノムワイド相関解析 (以下、GWAS) を用いて、AISの疾患感受性遺伝子の探索を行ってきた。これまでに、我々は合計3回のGWASを施行し、発症に関与する遺伝子を20個同定した。合計サンプル数は5000検体を超え、これは全世界的に最大規模の検体数である。さらに、層別化解析を行い、重症化に関わる遺伝子を1個、進行に関わる遺伝子を1個同定している。そして、海外の研究グループと共同国際メタ解析を行い、これら感受性遺伝子の他人種間での再現性を確認している。
In order to clarify the genetic background of adolescent idiopathic scoliosis (AIS), we have conducted genetic study for AIS by using genome-wide association study (GWAS) which is a genetic statistical method. We have performed a total of three GWASs and identified 20 AIS susceptibility genes. The total number of samples exceeds 5000 samples and this is the largest cohort worldwide. And we have also identified a gene involved in severity and a gene involved in progression by stratification analyses of GWAS. Furthermore, we have conducted international meta-analysis with American, Swedish and Chinese research groups using GWAS data and replicated these susceptibility genes among other races.
 
目次

 
キーワード
思春期特発性側弯症  

多遺伝子疾患  

遺伝因子  

ゲノムワイド相関解析  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (B) (一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16H05453
研究分野 : 整形外科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 16:07:08  
作成日
Oct 31, 2019 11:01:03  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
Oct 31, 2019    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容,注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース