慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K21370seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K21370seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :176.4 KB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 121

Total downloads since Sep 21, 2017 : 121
 
タイトル
タイトル ニコチン受容体修飾因子SLURP-1による乾癬の新規治療戦略  
カナ ニコチン ジュヨウタイ シュウショク インシ SLURP-1 ニ ヨル カンセン ノ シンキ チリョウ センリャク  
ローマ字 Nikochin juyotai shushoku inshi SLURP-1 ni yoru kansen no shinki chiryo senryaku  
別タイトル
名前 A novel therapeutic strategy against psoriasis by using nicotinic acetylcholine receptor modulator, SLURP-1  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 森脇, 康博  
カナ モリワキ, ヤスヒロ  
ローマ字 Moriwaki, Yasuhiro  
所属 慶應義塾大学・薬学部・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00392150  

名前 辻, 祥太郎  
カナ ツジ, ショウタロウ  
ローマ字 Tsuji, Shotaro  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
遺伝性掌蹠角化症の一種であるMal de Meleda病(MDM病)の原因遺伝子としてSLURP-1が同定されている。最近, SLURP-1欠損マウスがMDM病と同様の病態を引き起こすことが確認され, SLURP-1が皮膚の恒常性を維持する上で必要不可欠な分子であることが示された。一方で, SLURP-1の乾癬などのMDM病以外の皮膚疾患との関連については未だ明らかにされていなかった。我々は, 乾癬モデルマウスを用いてSLURP-1が乾癬の病態形成に関与していることを明らかにした。また, SLURP-1が乾癬の病態増悪因子である黄色ブドウ球菌に対して抗菌活性を有することを見出した。
SLURP1 is the causal gene for Mal de Meleda (MDM), an autosomal recessive skin disorder characterized by diffuse palmoplantar keratoderma and transgressive keratosis. Recently, SLURP1-deficient mice show MDM-like symptoms such as severe palmoplantar keratoderma characterized by increased keratinocyte proliferation and water barrier defects. Although SLURP1 likely serves as an important proliferation/differentiation factor in keratinocytes, the possible relation between SLURP1 and other skin diseases, such as psoriasis and atopic dermatitis, has not been studied. In our experiment, we found SLURP1 expression is greatly increased within the skin lesions in a psoriatic mouse model. In addition, recombinant SLURP1 suppressed the growth of S. aureus, which is associated with disease severity in psoriasis. These results suggest that SLURP1 may contribute to the pathogenesis of psoriasis.
 
目次

 
キーワード
乾癬  

SLURP-1  

黄色ブドウ球菌  

抗菌活性  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2015~2016
課題番号 : 15K21370
研究分野 : 神経免疫
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:40:56  
作成日
Sep 21, 2017 15:40:56  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (469) 1st
2位 新自由主義に抗す... (301)
3位 ロマン主義として... (262)
4位 ピカソのゲルニカ... (232)
5位 犯罪とわが国民性 (227)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Distributed quan... (2024) 1st
2位 ジャニーズのアイ... (548)
3位 アセトアニリドの... (537)
4位 新参ファンと古参... (453)
5位 刑法における因果... (424)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース