慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K15298seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K15298seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :242.4 KB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 244

Total downloads since Sep 21, 2017 : 244
 
タイトル
タイトル プロバイオティクス優位腸内細菌パターン形成ワクチンの開発  
カナ プロバイオティクス ユウイ チョウナイ サイキン パターン ケイセイ ワクチン ノ カイハツ  
ローマ字 Purobaiotikusu yui chonai saikin patan keisei wakuchin no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of new vaccine therapy to promote the symbiotic bacteria in gut.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 金井, 隆典  
カナ カナイ, タカノリ  
ローマ字 Kanai, Takanori  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40245478  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
炎症性腸疾患発症に関して特異的な腸内細菌への絞込みを目的とし, 健常人(HC), 原発性硬化性胆管炎合併潰瘍性大腸炎(PSC/UC)患者糞便を無菌マウスへ移植したマウス(HCマウス, PSC/UCマウス)を作成し, PSC/UCマウスでは肝臓内Th17細胞の集積を認めた。PSC/UCマウスのみでKlebsiella pneumonia, Proteus mirabilis, Enterococcus gallinarumの同定培養に成功。Q-PCR法にて解析しPSC/UC患者に高頻度にこれらの腸内細菌が検出。ある特定の悪玉菌の腸内細菌が腸管外病変へ関与する事を見い出し, 発展性が期待できる成果と考える。
Regarding the onset of inflammatory bowel disease, it is important to reduce the diversity of intestinal microbiota. We generated the mice inoculated with healthy human feces (HC mice) or primary sclerosis cholangitis-associated ulcerative colitis (PSC/UC) patient feces (PSC/UC mice) and analysed a week after transplantation. In PSC/UC mice, Th17 cells was accumulated in liver compare to the HC mice. Next, we isolated 3 dominant microbiota in mesenteric lymph node of PSC/UC mice. Klebsiella pneumonia, Proteus mirabilis and Enterococcus gallinarum were isolated.We also analysed fecal microbiota in Healthy controls and PSC/UC patients. Analysis by the Q-PCR method confirmed that these intestinal bacteria were detected more frequently in PSC/UC patients than in HC control. We demonstrated that certain intestinal microbiota are involved in extraintestinal lesions. We will further promote vaccine therapy with the analysis of these bacteria.
 
目次

 
キーワード
下部消化管  

免疫学  

炎症性腸疾患  

腸内細菌  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2015~2016
課題番号 : 15K15298
研究分野 : 炎症性腸疾患
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:40:53  
作成日
Sep 21, 2017 15:40:53  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (396) 1st
2位 ロマン主義として... (364)
3位 日本におけるスペ... (352)
4位 歌舞伎における後... (312)
5位 『慈照院自歌合』... (288)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 日本におけるスペ... (1435) 1st
2位 日本における赤痢... (465)
3位 モスクワオリンピ... (275)
4位 ジャニーズのアイ... (268)
5位 アルコール蒸留の... (243)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース