慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K10420seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K10420seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :202.1 KB
Last updated :Aug 29, 2019
Downloads : 30

Total downloads since Aug 29, 2019 : 30
 
タイトル
タイトル 椎間板髄核の組織恒常性維持機構の解析  
カナ ツイカンバン ズイカク ノ ソシキ コウジョウセイ イジ キコウ ノ カイセキ  
ローマ字 Tsuikanban zuikaku no soshiki kōjōsei iji kikō no kaiseki  
別タイトル
名前 Tissue homeostasis of intervertebral disc  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 藤田, 順之  
カナ フジタ, ノブユキ  
ローマ字 Fujita, Nobuyuki  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30348685

名前 松本, 守雄  
カナ マツモト, モリオ  
ローマ字 Matsumoto, Morio  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40209656
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
我々はU-CH1-N細胞株を用いて, 髄核細胞との類似性を検証した結果, U-CH1-Nは髄核の分子マーカーであるBrachyury (T), CD24, Cytokeratin19の発現が高く, 更には軟骨基質であるAggrecanやType II collagenの発現も高く, 長期に培養したところ, アルシアンブルー陽性であり, 脊索由来の髄核細胞と分子生物学的に非常に類似した特徴を持つ細胞株であることが判明した。本細胞株に対してカチオン性脂質を用いた遺伝子導入でも高い導入効率を示し, 分子生物学的手法を用いた研究においても非常に有用であった。
We show that a chordoma-derived cell line U-CH1-N cells highly express the nucleus pulposus (NP) marker genes, including T, KRT19, and CD24. These observations were further confirmed by immunocytochemistry and flow cytometry. Reporter analyses showed that transcriptional activity of T was enhanced in U-CH1-N cells. Chondrogenic capacity of U-CH1-N cells was verified by evaluating the expression of ECM genes and Alcian blue staining. Of note, we found that proliferation and synthesis of chondrogenic ECM proteins were largely dependent on T in U-CH1-N cells. In accordance, knockdown of the T transcripts suppressed the expression of PCNA, a gene essential for DNA replication, and SOX5 and SOX6, the master regulators of chondrogenesis. On the other hand, the CD24-silenced cells showed no reduction in the mRNA expression level of the chondrogenic ECM genes. These results suggest that U-CH1-N shares important biological properties with notochordal NP cells.
 
目次

 
キーワード
椎間板  

髄核  

繊維輪  

酸化ストレス  

細胞株  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15K10420
研究分野 : 運動器
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 29, 2019 13:33:18  
作成日
Nov 12, 2018 15:23:51  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
Aug 29, 2019    出版地 場所,出版者 名前,出版者 カナ,出版者 ローマ字,日付 出版年(to:yyyy),日付 作成日(yyyy-mm-dd),著者版フラグ を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (365) 1st
2位 新自由主義に抗す... (223)
3位 ロマン主義として... (205)
4位 犯罪とわが国民性 (188)
5位 The practice of ... (183)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 東シナ海の航空交... (422) 1st
2位 オリエンタル銀行... (349)
3位 ジャニーズのアイ... (302)
4位 ODATE GAME : cha... (240)
5位 日本市場における... (197)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース