慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K06745seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K06745seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :175.7 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 24

Total downloads since Nov 12, 2018 : 24
 
タイトル
タイトル 大脳新皮質層構造形成の礎となる脳表層下における神経細胞集積機構  
カナ ダイノウ シンヒシツソウ コウゾウ ケイセイ ノ イシズエ ト ナル ノウ ヒョウソウカ ニ オケル シンケイ サイボウ シュウセキ キコウ  
ローマ字 Dainō shinhishitsusō kōzō keisei no ishizue to naru nō hyōsōka ni okeru shinkei saibō shūseki kikō  
別タイトル
名前 Molecular mechanism of Reelin-induced neuronal aggregation in the developing mouse cerebral cortex  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 林, 周宏  
カナ ハヤシ, カネヒロ  
ローマ字 Hayashi, Kanehiro  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60373354  

名前 井上, 聖香  
カナ イノウエ, セイカ  
ローマ字 Inoue, Seika  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
哺乳類発生期の大脳新皮質は, 興奮性ニューロンによって形成される6層構造を有しており, 脳の高次活動を可能にしている。本研究は, 分泌タンパク質Reelinによる層構造形成機構を解明することを目的として遂行した。
本研究で, Reelinにより誘導される神経細胞凝集塊形成がN-cadherinによる接着力の亢進を媒介して起こること, および, このN-cadherinを介した細胞間接着増強が一過的であることを見出した。また, Nck2, p120catenin両分子が, このReelinによるN-cadherin依存性細胞接着制御機構に関与することも明らかにした。
本研究の成果は国内外の学会および国際誌で発表した。
The mammalian neocortex has the six layered structure organized by excitatory neurons, which enables higher brain functions. A secretary molecule 'Reelin' is essential for the layer formation, but the molecular mechanism based on Reelin for the layer formation remains to be elucidated. The purpose of the current project is to clarify cellular and molecular mechanisms to form the layered structure based on Reelin during cortical development. In this study, we found that Reelin-inducible neuronal aggregate was mediated by N-cadherin-based cellular adhesion and that this promotion of cellular adhesion by Reelin was in a transient manner. Moreover, we revealed p120 catenin and Nck were involved in this N-cadherin-based cellular adhesion.
These results were presented in several scientific meetings and published in an international journal.
 
目次

 
キーワード
発生  

大脳新皮質  

層構造  

細胞凝集  

細胞接着  

Reelin  

N-cadherin  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15K06745
研究分野 : 神経発生
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:17  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:17  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース